1. TOP
  2. バカラ
  3. バカラグラス シャルム(CHARMES)の魅力に迫る

バカラグラス シャルム(CHARMES)の魅力に迫る

 2016/08/22 バカラ
この記事は約 7 分で読めます。 1,131 Views

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

アンティーク食器専門通販取扱店

 

 

博多アンティーク店長の加寿美です(*^^*)

今日はバカラ社のシャルムというグラスについてお話ししていきます(*^^*)💕

 

シンプルなものほど制作が難しいのはどの業界も同様のようです。シンプルゆえに誤魔化しが効かないと共に

洗練された加工技術を必要とし一切の妥協を許さないという点はある意味非常に難しいのかもしれません。💕

 

デザインがシンプルなものほど飽きがこないのは妥協を許さないという事にもあるのかもしれませんね。😊🎵

 

美しき最高傑作

 

バカラのシャルム

sya1 sya2 sya3 sya4 sya5 sya6 sya7 sya8

 

こちらの画像のシャルムのグラスは3パターンあってそれぞれサイズが

 

 

一番大きいサイズが

高さ  8、5cm

直径  9、7cm

 

同じ形の少し小さいサイズが

高さ  7cm

直径  7、5cm

 

 

横に広いグラスが

高さ  5、7cm

直径  10、4cm

 

それとデカンタですね😊

 

になっています。

 

 

バカラの中でもシャルムという作品はアール・デコ期のバカラの代表作品ともいえるものです。✨

 

ここでこのシャルムという作品の名前の由来についてお話していきます。

 

シャルムはバカラ作品の中でも異色の存在となっています。というのもバカラ作品の多くは有名な地名や

著名な人物名が主だってつけられており、シャルムはそのどちらでもないのです。

 

抽象的な概念の名前というのはほとんど存在しておらず、かなり異色の存在であった事が分かります。(^^)💕

じゃあ、どちらでもなく何なんだと思いですよね。❓

 

 

特に名前の由来についての文献等が存在しておらず定かではありませんが、シャルム(チャーム、魅惑)と同じ意味ですが、

樹木のシャルム(シデの木)を意図したデザインも取り入れており、それを意識したのかもしれません。🌸🌸

 

もう少し調べてみるとシャルムという街が実在している事がわかりました。

フランス各地でシャルムという名がつく街は点在しており今までのバカラのネーミングルールからすると

こっちも捨て切れません。‼️✨

 

ローヌ・アルプ地方にシャルム•スル•エルバスという小さな古い街が存在しており

そこにシャルム城があり、ルイ11世と深い結び付きがありました。

 

フランス軍が大勝利をおさめた1914年にシャルムの戦いのあった場所でこれまでのバカラの

ネーミングに地名が使われていたことからも可能性としてはあるのではないでしょうか。

 

シャルムというネーミング当時の文献があまり残ってないので定かではありませんが、

それも魅力のひとつと言ってもいいのではないでしょうか。(^^)💕

s-l500 (6)

 

少しこのシャルム•スル•エルバスという古い街の歴史に触れてみましょうか。💕

 

 

現在は住民が1000人にも満たない過疎化した村ですが、西暦1000年以前はカール大帝の軍隊の将校出身であり

後のウィーンの大主教そして聖人となるベルナール•ド•ロマンが所有する由緒正しき土地でした。

 

この由緒正しき地に1160年から1300年にかけて住んだといわれるNerpolI一族が現存するシャルム城を建設しました。

 

地方の弱小の一族のNerpolI家の子孫であるアンベール・デ・バタルネーが少年時代の偶然が

その後の彼の一生を左右するような出来事がありました。‼️✨

 

即位前のルイ11世が狩猟でこの地に訪れており、偶然にも出会ってしまったのです。‼️✨

 

お互いにすっかり意気投合しバイヤン、ディオ、ヴェルコールなど周辺の森での狩猟助手兼パートナーとなりました。

 

そのうちに様々な諜報活動や機密情報を打ち明けるまで信頼を得ていました。

 

アンベールは次期国王より様々の贈り物、土地、城からの収入といった金品だけでなくシャルムを含む

多くの土地の貴族の称号、ブシャジェ男爵号、モン・サン・ミッシェルの監理の権利など様々な特権、称号が与えられました。✨✨

 

次世代を担う王からも信頼が厚くルイ11世だけでなく、シャルル8世、ルイ12世、

フランソワ1世まで四代につかえ長期間に渡る顧問を務めていました。

 

当時のフランスで最も裕福な貴族の一人となり後に財政難の王室に貸付を行えるぐらいの財力をもったといいます。💎

 

日本で言う豊臣秀吉って感じでしょうか。異例の出世をしたということで☝✨

 

アンベールの死後、シャルム城は甥のルネが相続した後、何度か転売を繰り返しグルノーブル議会の顧問で

ルイ14世の財務大臣フーケの友人のジャック・コストが所有することになります。

 

ジャック・コストは城の大規模修繕と内装、装飾を行い息子ジャック・ブランジャー・グアの手を

経て1776年ペランの貴族シャブリエ・ロシュの手に渡り彼が最後のシャルム城を所有する貴族となりました。

 

シャルム城は色んな人によって歴史を刻まれたんですね。💕

もう一人この地で欠かせない人を紹介します。🎶

 

たった一人で33年という長い年月をかけて建物を作った人がいます。☝✨

彼の名前はフェルディナン・シュヴァル。

facteurcheval1

彼の凄いとこは建築家でもなく建築の専門の教育を受けた訳でもなく、郵便配達人っていうところです。

経歴も異色ですが、クオリティーが高い、高すぎる‼️👀✨

 

趣味で作ったっていうレベルではないクオリティーではない芸術品レベルっていうところが驚き

1836年シャルム生まれのフェルディナン•シュヴァルは13歳で学校を中退しパン屋の見習いをしていましたが

長男の誕生をきっかけににシャルムにほど近いオートリーブで郵便配達夫になります。

 

ある日、そろばんの玉を重ねたような一風変わった石にシュヴァルはつまづきました。

その石に何か運命的なものを感じたのでしょうか

せっせと石を集めるようになりました。

 

配達の仕事が終わってからせっせと石集めをしました。

 

デザインは配達中にたくさんの絵葉書に書かれた建築物を参考にしました。☝✨

 

オートリーブの自宅の庭先に積み上げるという行為を続け日数にして

10000日93000時間、時間に換算すると93000時間。‼️👀

 

43歳から建設を始めて33年間をかけて彼が76歳の時にこの『理想宮』を建設しました。

The-Ideal-Palace

彼の情熱に頭下がりますね。‼️👀✨

現在ではフランス政府により国の重要建造物に指定され、フランス有数の観光地になっています。✨

建築や美術評論家の間の分類では素朴派(アート・ナイーフ)、あるいはアウトサイダー・アートに分類されているそうです。✨

シュヴァルはこの理想宮を自分の墓所にしようと考えましたが周囲の猛反対にあい、渋々、理想宮に似た建物を建設しそこを自分の墓所としました。

images

シャルムという場所は非常に歴史的価値のある場所なんですね。(^^)💕

 

【バカラ専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪
「今年こそ、バカラのグラスを購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜💦う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)💦」

こんな不安って皆さんにもあると思うんです☝

私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ・・・

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀💕

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!!!

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます✨

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アンティークテーブルウェア 新着商品情報

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギャラリー麻布ってどんなお店なの?福岡にある骨董品・アンティークショップ!

  • 弊社で購入して頂いたお客様へ 口コミ(画像)の入れ方の手順についてになります

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

関連記事

  • バカラ(Baccarart)のデキャンタ(デカンタ)・カラフェの違いとボルドー産のワインとブルゴーニュ産の違い

  • バカラ・クリスタルガラスの成型法や技法

  • バカラグラスの「シャンゼリゼ」(Champs-Élysées)高級感あふれる作品を紹介します!

  • フランスの高級グラス バカラクリスタルの素晴らしさと歴史

  • バカラグラスのローハンとシャトーブリアンの違い

  • Baccarat(バカラグラス)社とSaint Louis(サンルイグラス)社は何が違う!?