1. TOP
  2. クリストフル
  3. クリストフルを使う前に知っておきたい5つの約束

クリストフルを使う前に知っておきたい5つの約束

 2016/05/20 クリストフル
この記事は約 8 分で読めます。 2,582 Views

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

こんにちは(*^^*)

クリストフル専門店の店長カズミです😊

 

 

 

こんなお問い合わせを頂きました。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::

クリストフルのカトラリーについて教えて下さい。

これからクリストフルのカトラリーを揃えて行きたいと思っています。

 

私の知っている限りでは大きく分けて

 

・⑴シルバープレート

・⑵スターリングシルバー

・⑶ゴールドプレート

・⑷クリストフルホテル

・⑸廃盤モデル

 

の5つに分かれると思います。

 

ただ、これまでに使ってきたカトラリーは値段も安くペラペラの軽いカトラリーなので

適当に扱っていたのですが、クリストフル等の高級カトラリーになってくると

手入れをしておかないと、黒ずんだりすると聞いたことがあります。

 

 

クリストフルの手入れはどういった感じでやって行けばよろしいでしょうか?

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

といったご質問を頂きました🎶

 

ありがとうございます(*^^*)💓

 

確かにこの手入れの疑問ってのは購入する前に解決しておかないといけませんよね。

 

毎回毎回、磨くのも面倒だし

どれくらいの頻度で手入れをすればいいのか分かっていれば

購入するかしないか判断がつきやすいですもんね(*^^*)

 

 

と言う訳でそんな手入れの疑問にお答えしていきます。

 

 

◯構造を理解してプレートが分かる

クリストフルのスプーンはステンレス素材に

40ミクロンの銀のプレートで覆われています。

 

くり

 

 

 

ここで簡単に40ミクロンの厚さの説明に入ります。

 

1ミクロンが何mmとかの説明をしても、凄く分かりにくいので

こちらはイメージして頂きたいと思います。

 

簡単なイメージで言うとOPP袋の厚さです👍

なのでレジ袋でもイメージしやすいですね👀

 

ステンレスの上からそれくらいの厚さの銀のプレートが

吹き付けてあるんです😊

 

 

このプレートなのですが、そう簡単には剥がれないです。

 

毎日使っていたとしても、自分の代ではプレートは

剥がれていくことはないと言われています。

 

なので高級カトラリーは孫の代までって言われるんですね✨

ちなみにクリストフルホテルは33ミクロンです。

 

❇︎クリストフルホテルとはクリストフルが一般では

販売していないホテルに卸すモデル

 

こんな感じでプレート加工がされているので、

どんな構造でカトラリーが出来ているか分かりましたね👍

 

注意・ナイフのブレードの部分はステンレスのままです

 

 

 

◯どのくらいの頻度で手入れが必要なの?

 

一番の問題はここですよね(ー ー;)

 

購入して1ヶ月は気分が高揚して、毎日でも磨きたいって思うのも

最初だけでだんだんとだるくなる・・・

 

 

そんな未来予想がイメージ出来ますね(笑)

 

 

でも、安心して下さい😊

 

 

ほとんど手入れ(メンテナンス)は必要ないんです。

 

 

「えっでもそれだったら黒ずむんじゃ?」

 

 

って思いますよね!

 

 

でもですね、それって放置していたらの話なんです。

 

 

純銀(800〜950)の含有量がある銀製品

 

この純銀は銀の含有量が高く、シルバープレートの製品より

黒ずんでさらにほったらかしにしていたらサビます。

 

 

黒ずみ、サビが発生する原因

 

 

簡単に言ってしまうと、空気中の硫黄が銀に反応して

硫化銀という物質に変わりそれが黒くさせるんです❗️

 

 

ということは基本的にはほったらかしにしないことが

一番長持ちさせるコツなんですね😊

 

 

手入れの仕方としては

 

・使った後は水分をしっかりと拭き取って保管する

・空気中に触れさせない

・毎回毎回磨きを入れない

 

 

もちろん濡れたまま保管するとサビの原因になりますよね⤵️

 

空気中にほったらかしにしていたら、

いろいろな物質を合体して黒くなります。

 

そんな時にカトラリーを守るアイテム

s-l500 (33)

 

 

こちらのアイテムなのですが、なんの変哲もない布です😊

 

布ってカトラリーを空気に接触するのを遮断してくれて、

布自体が吸水性に優れているので、包んでいるだけで

残った水分も吸収してくれるんです👍

 

 

そして、良かれと思ってやっているであろう、研磨剤を使った磨き作業です。

 

これはシルバープレートでも、

純銀の商品でも同じでやればやるほど商品が削れていきます。

 

純銀の商品であればまだすり減るだけなので良いですが、

プレートは上記でも説明した通りプレートなので削ってしまうと、

いつか下地のステンレスが出てきてそこから黒ずみに向かいます❗️

 

そういった感じで、そうならないように事前に食い止める方に

意識を集中しないといけないんですね😊

 

 

◯錆びてしまう前に手を打とう

錆びてしまってはもう、回復の見込みがありません。

 

!B9JbtQwEGk-$(KGrHqIOKpwEy+jC)0(CBM4-NOicBQ--_12

 

 

ここまで来てしまうと、もうカトラリーとしても

機能がなくなってしまうので捨てるしかありませんよね⤵️

 

特にナイフのブレードの部分は

そのままステンレスむき出しなので酸化、サビに弱いです。

 

こうならないようにする為にも、日頃から使ったらすぐに拭いて

布で保管するか毎日使うようにしないといけませんね👍

 

 

◯それでも面倒だった時は

基本的には食洗機に入れると、

傷が入りやすくなるので入れるのはオススメしていません。

 

しかし、使い方も人それぞれあると思います😊

 

1年で入れ替え

3年で入れ替え

5年で入れ替え

 

こんな感じで入れ替えの周期が早ければ、

もちろん食洗機で洗っても良いですよね👍

 

5年間食洗機に入れて洗っても、手洗いよりは傷は増えますが、

それでも全然使えますし、味が出るのが早くなって良いかもしれませんね🎶

 

ちなみにヨーロッパの方では、光沢がなくなって小傷が入り、

鈍く白っぽく輝くカトラリーの方が大切に扱ってあると思われて、

お客様に喜んで頂けるらしいんです😊

 

 

 

最後のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

手入れを毎日しないといけないと思っていたけど、

そうではないので安心されたのではないでしょうか😊

 

でもきちんとした使い方、保管方法を間違えると

素敵なカトラリーもすぐにダメになってしまうので、

間違えない様に気をつけないといけませんね🎶

 

 

そんな疑問が解決された所でクリストフルに、

段々と興味が湧いてきたのではないでしょうか?

 

クリストフルに少しでも興味が出てきたあなたは

こちらのショップをご覧下さい💖

 

 

 

【クリストフル専門ショップ 】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 

「今年から、クリストフルを購入したい!

でもなぁ、
通販で商品を購入するのってちょっと 不安だし〜💦

う〜ん💦? イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)」

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです👀‼️

 

私はこんな不安がありながらも、

でも通販って便利だし 辞められないんですよねぇ・・・💦

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります☝️

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります💓

 

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!!!

 

その想いから、

当店では 安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます✨

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アンティークテーブルウェア 新着商品情報

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギャラリー麻布ってどんなお店なの?福岡にある骨董品・アンティークショップ!

  • 弊社で購入して頂いたお客様へ 口コミ(画像)の入れ方の手順についてになります

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

関連記事

  • クリストフルの歴史とデザイナーたち、そしてこだわりの銀食器について

  • いつまでもピカピカの輝きを!クリストフルおすすめのケア用品と収納ケースのご紹介

  • 本物を持つ素晴らしさ♪クリストフルとIKEAならどっち?

  • あのナポレオンにも愛されたクリストフル社の銀食器

  • クリストフルとカルディヤックのダブルネーム♪

  • これってクリストフルなの?間違いやすいホテルシリーズ(Christofle HOTEL)