1. TOP
  2. ロイヤルウースター
  3. ロイヤルウースターの誇るべきペインターの1人はこの人だった

ロイヤルウースターの誇るべきペインターの1人はこの人だった

 2016/04/05 ロイヤルウースター
この記事は約 7 分で読めます。 802 Views

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

 

 

ロイヤルウースター(The Royal Worcester)専門通販取扱店

ロイヤルウースターショップ店長の加寿美です(*^^*)

 

 

ロイヤルウースターの芸術家

チャールズ・ヘンリー・ボールドウィン(1843-1913)

チャールズ・ボールドウィン(愛称チャーリー)は、

ロイヤルウースターの芸術家としてとても有名です💓

 

白鳥が飛んでいる姿を描いた飾り壺は彼の代表作で、

すぐに彼の作品と分かりますね(*^^*)

1859年生まれのチャールズ・ボールドウィンは、

ピアノの調律師で優れた音楽家であったヘンリー・ボールドウィンの子息

 

チャールズ・ボールドウィンは、

15歳の時にウースターの工場で働き始めたそうです(*^^*)

1年目は、他の若い芸術家達と一緒に、工場の雑用をこなしていたんですって♪

worcester-baldwyn-swans-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても社交的だったチャールズは、ウィリアム・ホーキンスを始め、

絵付け師たちとすぐに仲良くなったそう(*^^*)

それから、仕事仲間で結成されているサイクリングクラブにも積極的で、

みんなでサイクリングをしたりレースにも出たり・・・✨

 

また、地域の鳥の生態に強い興味を持っていたチャールズ♪ 

 

田園地帯で別の同僚と野生の鳥をスケッチしたり✏️✨

捕まえた鳥を観察するために購入したり借りたりしていたそう(*^^*)

 

社交サークルの仲間には、リチャード・セブライト、ウィリアム・ホーキンス、

ジョンソン、リケッツ、グレートバッハなど、ビクトリア朝時代の

そうそうたる陶磁器作家たちが名を連ねています♪

 

チャールズ・ボールドウィンは、裕福なロイヤルウースターの顧客から人気が出て、

小さな鳥や風景の表現は非常に好評だったそう(*^^*)

worcester-baldwyn-swans-4

 

チャーリーはすぐに自分の得意分野を見つけ出しました♪

それは、月夜のフライングスワンや他の鳥たちの絵💓

 

それが彼のトレードマークおよび代表作になったので、

ウースター工場で働いている間は、

他の誰も同じモチーフの作品を作るのを許されなかったとか(^^)

 

1900年より以前、

芸術家達は自分の作品にサインをすることを禁じられていたのですが、

チャーリーの特別な才能が認められ、かなり早い時期から、

作品に名を入れることが許されるようになったようです💓

その時のサインは、‘C Baldwyn’ とか ‘BY’など♪

 

チャールズ・ボールドウィンなどウースターの絵付け師たちが

人気を博したにもかかわらず、188090年代は厳しい時代でした💦💦

 

当時のイギリスは海外領土を守るべく闘っており、資金不足に陥っていたので、

人々の心はそちらに向いたのです👀!

質の高い製品を売ることは、とても困難だったのですね・・・💦

 

この困難な時代を乗り切るため、チャールズや他の芸術家たちは、

個人で作品を作ることによって収入を補っていたようです・・・

 

チャールズは、早くも1885年に、茶器セットの一部(白)を

ウースター工場から買い取り、自宅で個人販売用に飾っていたんですって(*^^*)

 

(リモージュ琺瑯の芸術家の)トーマス・ボット・ジュニアの会社や、

ウースター工場の芸術家らも頻繁に行っていたようです♩

 

こういった個人制作の装飾品には名声を広めるためにサインがされていますが、

ロイヤルウースター工場の印や日付などは刻まれていないんですね(*^^*)

 

チャールズ・ボールドウィンは、キャンバスやカードに水彩画も描いています!

worcester-baldwyn-5

 

こういった作品も、売ったり大きな作品展に出したりしていたチャールズ…。

ロイヤルアカデミーでも彼の絵画が飾られたのですよ♩

 

ほとんどの彼の作品は、自然を基調に鳥をモチーフにしたものです☝️✨

 

チャールズの初めての展示品で、かつ最も注目すべきは、

一面に咲くラシャカキグサの中の鳥の群れを描いた絵(1886年に出展)。

 

この作品は、チャールズがロイヤルアカデミーに提出した最初の作品で、

展示を認められたのはまれな偉業だそうですよ♪

その後、いくつか絵画を出展しています。

 

1897年3月15日、地元の女性、エミリー・ヒューズと結婚💓

worcester-baldwyn-swans-3

 

 

 

 

 

 

 

 

チャールズの結婚式の花婿介添人は、ウースターの同僚の絵付け師、

ウィリアム・ホーキンスでした(*^^*)

 

ところがその後生まれた長女のステラは1900年、1年11ヶ月の時に髄膜炎で、

バーナードは1907年、1歳の時に亡くなっています(>_<)

 

1904年、チャールズは厳しい経営が続いたウースター工場をついに辞め、

フリーランスの水彩画家として独立します☝️✨

 

ウィーブさんという人を雇い、作品を販売してもらっていました(*^^*)

 

多くの偉大な芸術家の作品がそうであるように、

チャールズ・ボールドウィンのフライングスワンもたびたび模倣され、

ウースターの磁器のデザインや仕上げ行程は、

ヨーロッパだけでなくアメリカや日本にも色濃く影響を与えました✨

 

イミテーションの質は優れているとは言えませんが、

一見、素人目だと、本物そっくりに見えるのですよ(*^^*)

 

やがて、ウースター工場はこのイミテーションを懸念し、

チャールズ・ボールドウィンのデザインを正式登録しました☝️

 

チャーリーが工場を去った後にウースターがフライングスワンの輪郭模様の型を作り、

名もなき絵付け師たちが色を付けたことを、コレクターは覚えておかれるといいですね♩

 

それらの作品は、チャールズ・ボールドウィンのサインがないので、

よ〜く見ると分かりますよ👀✨

 

 

【ロイヤルウースター,The Royal Worcester専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

「今年こそ、ロイヤルウースターを購入したい!

 

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

 

不安だし〜う〜ん?💦

 

イメージと違かったらどうしよう〜💦」

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです。

私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

 

辞められないんですよねぇ💦

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

 

『ちゃんと届くのかなぁ』

 

と心配になります!

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀✨

 

そんな貴方にも

 

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!

 

その想いから、当店では

 

安心の交換・返品保証サービスを

 

させていただきます

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アンティークテーブルウェア 新着商品情報

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギャラリー麻布ってどんなお店なの?福岡にある骨董品・アンティークショップ!

  • 弊社で購入して頂いたお客様へ 口コミ(画像)の入れ方の手順についてになります

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

関連記事

  • ロイヤルウースターroyal worcesterの偽物マークと見分け方

  • ロイヤルウースター、レディーフィギュリンのご紹介

  • 現在でも愛されているウースターの磁器たち

  • イギリスの高級陶磁器 ロイヤルウースター(royal worcester) 受け継いだゴールドのカップで味わうコーヒー

  • ロイヤルウースターのマークから見る真実の歴史

  • ロイヤルウースターを支えた◯◯◯姉妹