1. TOP
  2. フランスのピュイフォルカ(PUIFORCAT)シルバーカトラリーが放つ卓上での存在感

フランスのピュイフォルカ(PUIFORCAT)シルバーカトラリーが放つ卓上での存在感

 2016/02/14 ピュイフォルカ
この記事は約 13 分で読めます。 248 Views

ピュイフォルカ(PUIFORCAT)

 

本日もご覧いただきありがとう御座います。

 

アンティーク食器専門通販取扱店

アンティーク食器店長の加寿美です。

 

ピュイフォルカショツプバナー

 

 

 

 

本日はフランスの老舗銀食器メーカーピュイフォルカの

作品と歴史についてご紹介していきますね。

 


このシルバーの芸術作品を誰が現代に蘇らせる?

 

 

 

ピュイフォルカってあんまり

 

有名なブランドではないと思います。

 

なぜならピュイフォルカって

 

銀食器にこだわりある方が持つブランドだからなんですね。

 

持つものは本物にこだわる方が選ぶブランドとも言えますね。

 

感覚で言いますとバーキンのような感じです。

 

しかし、原産国のフランスではその芸術性、装飾の美しさ、

 

完成度の高さから大統領が使う専用カトラリー、

 

海外の重要人物を歓迎する際の公式晩餐会、

 

高級ホテル等で使用されており、

 

1800年代から高級カトラリーとしての地位を

 

今でも築いているんです。

 

 

そんなピュイフォルカですが、いかにして王室御用達の

純銀ブランドにまでなっていったのかをお話ししますね。

 

 

現在でも世界中で人気を博している銀器ブランド

 

◎ピュイフォルカのデザインは、

三代目のジャン・ピュイフォルカによるものが

踏襲されています。

 

 

3代目ジャンピュイフォルカによってデザインされた サーバーセット

 

家具やインテリアなどのデザイナーが一堂に会する

 

サロンである、サロン・デザー・デコラトゥールは、

 

1920年頃からフランスではじまり、デザイナーが

 

自分の腕前を披露する絶好の場所でした。

 

 

 

ですが、そのサロンで展示された作品たちは

 

目に見える統一性を欠き、どこかちぐはぐした

 

印象を与えるものがほとんどでした。

 

 

そんな中、とある金銀細工師が処女作となる装飾豊かな、

 

かつ機能的な装飾が施された作品群を展示し、

 

すぐに観衆の注目を引いたのです。

 

 

ピュイフォルカ ジャポニズムサーバーセットピュイフォルカ ジャポニズムサーバーセット 装飾

 

 

ピュイフォルカショツプバナー

 ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます

 

 

ジャン・ピュイフォルカとは

 

◎注目を浴びたその人こそピュイフォルカ家三代目の

ジャン・ピュイフォルカでした。

 

座学よりはむしろ仕事台で仕事を覚えた職人のジャンは、

アール・デコの原理原則が染み付いた時代の

寵児であったのです。

 

 

1920年のはじめには、作品の独創性や技法を確立させ、

 

現代の金銀細工を革新する存在になったのでした。

 

プラトン的な芸術に多分に影響を受けたジャンは、

 

幾何学的な作品を多く作り出しました。

 

 

その作品は時として重量感のあるものであったが、

 

常にバランス感覚が忘れられることはなかったと

 

言われています。

 

 

こうして、彼のスタイルやアイディアがふんだんに

 

反映された作品群は、1925年の展示会で

 

圧倒的な注目を集めたのです。

 

 

『ピュイフォルカのナイフ6本セット』

『ピュイフォルカのナイフ6本セット』『ピュイフォルカのナイフ6本セット』ピュイフォルカのナイフ6本セットの装飾ピュイフォルカのナイフ6本セットの収納ボックス

 

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

ピュイフォルカショツプバナー

 

 

数多くの計画や軌道修正の末に開催されたこの

 

大々的なイベントは、あらゆる場所からお金を調達し、

 

アール・デコの全てを詰め込んだものでした。

 

 

そのようなイベントにて周囲の注目を集めたとなれば、

 

ジャンがアール・デコを代表する職人であることに

 

異論を挟むことは出来ないでしょう。

 

 

1925年の展示会の後、飾り気がなく装飾を排除した

作品が流行し始めた為、職業そのものの

衰退が生じてしまった時期がしばらくの間続きます。

 

 

しかし、そのような時代においても、

ただジャン・ピュイフォルカは休むことなく作品を

作り続けたのでした。

ジャンの功績は、革新的な作品作りに

とどまらなかったのです。



『ピュイフォルカのロココ調シュガーポットとシルバーティーポット』

『ピュイフォルカのロココ調シュガーポットとシルバーティーポット』ピュイフォルカ スターリングシルバーコーヒーポットピュイフォルカ スターリングシルバーコーヒーポットピュイフォルカ スターリングシルバーコーヒーポットの装飾ピュイフォルカ スターリングシルバーコーヒーポットの装飾

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

・ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます

 

1930年代のピュイフォルカ

 

◎1930年に入り、ジャンは親しい友人と共に

「近代美術家連合」を設立

 

この連合の存在が近代工芸に大きな影響を与え、

 

アール・デコの歴史におけるピュイフォルカの名を

 

不朽のものにしたのでした。

 

1930年以降の作品は、以前のものと比べると丸みや曲線、

 

装飾の豊かさがより強調されたものになっています。

 

その後時代を超えてピュイフォルカの装飾豊かな、

 

芸術性あふれる作品が世界中で見直されているのは

 

周知の事実です。

 

 

余談ではありますが、ジャン・ピュイフォルカの

父である二代目、ルイ=ヴィクトール・ピュイフォルカは、

銀器の高名なコレクターでした。

 

 

・彼の膨大なコレクション

 

―コレクション・ピュイフォルカ―

現在でもルーブル美術館に展示されています。

 

 

銀器は普段使いのカトラリーから、芸術性を

求められるようになり芸術性を極めたピュイフォルカは

その期待に沿う様に銀器にアートと工芸を融合出来る

唯一の金銀細工師と言われています♫

 

 

ピュイフォルカを代表する作品

 

◎ピュイフォルカを代表する作品たちのご紹介

 

アイスクリームをサービングする大きなスプーンと

 

多くの来客にも対応できるスプーンたち。

 

シンプルながらも洗練されたデザインは

 

さすがの職人技といえるでしょう。

 

スターリングシルバーをヴァーメイル加工した

 

ゴージャスな輝きを堪能しながらデザート。

 

最高ですね。

 

ピュイフォルカ 純銀製アイスクリームスプーンとサーバーセット

ピュイフォルカ 純銀製アイスクリームスプーンとサーバーセットの収納ボックス

 

 

 

ピュイフォルカショツプバナー

 

ピュイフォルカの商品は基本的はセットで

 

販売されていました。

 

それは、当時はほとんどの家庭でお客様を招いて

 

食事をすることが多かったからなんですね。

 

 

なので、こちらの作品も12本セットに2本の

 

大きなスプーンがついています。

 

上記の作品なのですが、ハンドル部分にはリボンが描かれ、

 

上流階級の象徴でもあるロココ様式になっています。

 

 

左右対称にデザインされたシンプルな構図は、

 

どんな食器にも合わせやすく、

 

またこちらの商品単体で使用しても使いやすい

 

お品だと思います。

 

 

 

こんな豪華なスプーンで食事をしていたら

自然と運気もアップしそうな気がしますね。

 

 

『ピュイフォルカのデザートスプーン』

『ピュイフォルカのデザートスプーン』ピュイフォルカのデザートスプーンのミネルバの刻印ピュイフォルカのデザートスプーンのEPの刻印ピュイフォルカのデザートスプーンの装飾

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

 

 

こちらのお品はサイズが12cmのデザートスプーンになります。

 

どちらかと言うと、このスプーンもアイスクリームを食べる時に

 

使うのが一番良いかなと思います。

 

 

ハンドル部分の中央には月桂樹が描かれ、

 

その周りを規則正しい網目模様で覆われています。

 

 

ハンドルの裏面には『AY』のモノグラムが彫られています。



※モノグラムとは団体名や名前を頭文字2文字以上で

記号化されたものです。

 

 

やはり銀が950/1000の割合で作られているので、

 

ずっしりと重く、手にとって頂ければステンレスとは違う

 

馴染み感に感動されるのではないでしょうか。

 

 

 

シルバーの純度(950/1000)を詳しく説明しているサイトはこちらをクリック

 

 

 

『フランス製ピュイフォルカのデザート用アンティーク銀食器,豪華 10 点セット』

 

ご紹介するのは,1880 年代に作られた,

ルイ 16 世様式のフォークとスプーン 5組のセットです。

 

『フランス製ピュイフォルカのデザート用アンティーク銀食器,豪華 10 点セット』『フランス製ピュイフォルカのデザート用アンティーク銀食器,豪華 10 点セット』

 

侯爵家の王冠を戴く紋章が,銀細工職人によって

1 点 1 点ほどこされています。

 

フランスでもっとも有名な銀食器ブランド、

ピュイフォルカによるこのとても美しいセットは、

お宅のお客様をきっと驚かせてくれますよ。

『フランス製ピュイフォルカのデザート用アンティーク銀食器,豪華 10 点セット』『フランス製ピュイフォルカのデザート用アンティーク銀食器,豪華 10 点セット』

 

 

 

ピュイフォルカショツプバナー

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方はクリック

(ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます。)

 

スプーンとフォーク 10 点の重さは 484g です。

 

1 点 1 点にエミール・ピュイフォルカという

 

ブランドロゴが刻印されています。

 

 

エミールは 1857 年からフランスで制作を始めた

 

銀細工職人なんですよ。

 

スプーンの長さは 18.8cm,フォークの長さは

 

18.6cm です。

 

ゆがみもなく,状態は完璧です。

 

 

あなたもきっと、パリの銀細工職人による

 

 

すばらしい作品を手に入れたくなるはずですよ。

 

 

『ルイ 16 世様式のピュイフォルカ作 純銀製ティーセット』

 

ご紹介するのは、ルイ 16 世様式の装飾が見事な

1900 年代のティーセット 3 点 です。

 

『ルイ 16 世様式のピュイフォルカ作 純銀製ティーセット』ルイ 16 世様式のピュイフォルカ作 純銀製ティーポット

ルイ 16 世様式のピュイフォルカ作 純銀製クリーマールイ 16 世様式のピュイフォルカ作 純銀製シュガーポット

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

(ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます)

 

 

ほんとうにすばらしい作品です。

 

特に、バラをかたどった蓋の細工をご覧 ください。

 

フランスでもっとも有名な銀細工職人、

 

エミール・ピュイフォルカの手によるこの美しい

 

ティーセットは、あなたのティータイムをきっと

 

華やかに演出して くれます。

 

 

こちらのティーセットは、3 点セットです。

 

 

ティーポット :重さ 643g,高さ 24.5cm

シュガーポット:重さ490g,高さ     16cm

クリーマー    :重さ 219g,高さ 13.3cm

 

3 点合わせて 1,348g で、ティーポットの容量は 1000ml です。

 

 

 

1 点 1 点に,ブランドロゴであるエミール・ピュイフォルカの

文字が刻印され ています。

 

100年前に作られた作品とは思えないくらい

ティーセットの状態は完璧です。

 

 

『ピュイフォルカの渾身の芸術作品 ゴシックルネッサンス』

 

上の作品は12本のテーブルスプーンセットです。

 

『ピュイフォルカの渾身の芸術作品 ゴシックルネッサンス』『ピュイフォルカの渾身の芸術作品 ゴシックルネッサンス』

ピュイフォルカの渾身の芸術作品 ゴシックルネッサンスの収納ボックス

 

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

(ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます)

 

 

『ピュイフォルカ ゴシックルネッサンス2アイスクリームセット』

 

ご紹介するのは,ピュイフォルカの有名なルネッサンス様式の

ナイフとフォークのセッ トで,1880 年代のものです。

 

こちらは 1880 年代のカタログの中でも、

おそらくもっとも洗練され、複雑で再現するのが

難しい作品です。

 

『ピュイフォルカ ゴシックルネッサンス2アイスクリームセット』『ピュイフォルカ ゴシックルネッサンス2アイスクリームセット』ピュイフォルカ ゴシックルネッサンス2アイスクリームセットの刻印

 

ピュイフォルカの商品をもっと見たい方は写真をクリック

(ピュイフォルカの商品一覧を見ることができます)

 

 

先端には見事なルネッサンスの仮面飾り、

持ち手には非常に洗練された透かし細工、

ヘラの 部分には 18 金の美しいヴァーメイルが

施されています。

 

こちらにご紹介するのは、世界中のコレクターが探し求めている

オリジナルボックスに 入った、とても貴重なセットなんですよ。

 

 

 

2 点           重さ:210g

サービングスプーン  長さ:22.5cm

ナイフ                          長さ:28.3cm

 

 

ボックスまでも完璧な状態で残っているのは素敵です。

 

 

ここでは5つの作品をご紹介させて頂きました。

 

 

他にもたくさんの素敵な作品があるので、

時間がありましたら他の記事も見てみてください。

 

 

ピュイフォルカショツプバナー

 

【ピュイフォルカ専門ショップ  アンティークピュイフォルカ】

安心の交換・返品保証サービスを承ります。

 

 

 

 

 

 


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ab0316ce

この人が書いた記事  記事一覧

  • ジョージ・ジェンセンの素晴らしき歴代カトラリーとそのモデルのデザイナーたち

  • シルバー製品のデザイナー ジョージジェンセンの素晴らしきブローチ

  • 1970年代のアイコン的存在― ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)「オーバーシー」

  • クロノグラフ腕時計 レマニア Lemania社の素晴らしきムーブメント

関連記事

  • ピュイフォルカ、アンティークシルバーの繊細な美しさを堪能!

  • フランスの高級シルバーカトラリー ピュイフォルカ(puiforcat)家の名品と歴史

  • フルーツを入れなくても華やか。ピュイフォルカのカットガラスボウル

  • 一目で魅了されてしまう・・・ピュイフォルカの芸術的作品のご紹介