1. TOP
  2. ロレックス
  3. ロレックスのアンティーク・ヴィンテージのデイトナ クロノグラフ腕時計に搭載されたバルジューとは!?

ロレックスのアンティーク・ヴィンテージのデイトナ クロノグラフ腕時計に搭載されたバルジューとは!?

 2017/10/28 ロレックス
この記事は約 6 分で読めます。 2,423 Views

ロレックスのデイトナに搭載されていたバルジュー社のムーブメントとは!?

今となってはロレックスに搭載されているデイトナのムーブメントは自社開発した高性能ムーブメントが

搭載されていますがデイトナが生まれた当時はムーブメントは他社のムーブメントを使っていました。

 

それはご存知の通りバルジュー社のムーブメントになります。

 

この初代デイトナの手巻きモデルには一貫してバルジュー社製のムーブメントがベースとして使用されていますが、

初めてデイトナに採用されたのがバルジュー社のCal.72Bでした。

 

初代ロレックスのデイトナに搭載されたバルジュー社のcal.72b

初代ロレックスのデイトナに搭載されたバルジュー社のcal.72b

 

“72B”とは、”バルジュー72シリーズのB製”という意味で、A製が緩急針付きなのに対して、B型はテンプの側面に金属製のナットをねじ込む”アジャストスクリュー方式”で精度の調整をする機構になっています。

 

ちなみにC型はデイデイト付き(トリプルカレンダー)と言う意味になります。

ロレックス デイトナ バルジュ−72cが搭載されたデイデイト表示のムーブメント

ロレックス デイトナ バルジュ−72cが搭載されたデイデイト表示の文字盤

 

 

 

バルジュー社はエモージュ会社でありムーブメントだけを製造して他社に供給していました。

その信頼性の高さから当時はロレックスのみならず数多くの時計メーカーが採用していました。

30分計、スモールセコンド、12時間計を装備した3つ目タイプの手巻きクロノグラフ・ムーブメントが72です。

 

特にこの12時間積算計を搭載した3つ目タイプを初めて世に送り出したのがバルジュー社なので

このバルジュー72がいかに素晴らしい名器であり現在でも人気のムーブメントだというのがわかります。

 

 

そして、そのB型がデイトナに搭載されたのは、’60年代初期から’70年頃まで生産された第1世代にあたるRef.6239とRef.6241です。

 

途中で改良されCal.722-1となりますが、ヒゲがテンプに絡むのを防ぐための細長いプレートがついただけといわれておりCal.72Bとスペック上の違いはほとんどありません。

 

ロレックス デイトナに搭載されたバルジュー722-1

ロレックス デイトナに搭載されたバルジュー722-1

 

’40年代に登場したバルジュー72は、バルジュー23に12時間計を追加したもので、多くの時計メーカーに採用されました。

Cal.72Aはその改良版です。テンプ受けに装着される緩急針をCal.72Aは採用しています。

 

 

Cal.72Bが搭載されたのは、初代モデルにあたるRef.6239と6241です。

途中、同リファレンス内で改良型のCal.722-1に変更されています。

 

Cal.72Bの後継機、では片づけられない傑作ムーブは、’60年代後期から自動巻きの登場直前まで、2世代にわたってデイトナに搭載されました。

20年以上にわたって採用された文句なしの傑作です。

 

 

デイトナの第2世代にあたるRef.6262、6264から、オイスター仕様のRef.6263、6265まで、’60年代後期から20年近くにわたって採用された傑作ムーブメントそれがCal.727です。

ロレックスのデイトナに搭載されたバルジュー社のcal.727のムーブメント

ロレックスのデイトナに搭載されたバルジュー社のcal.727のムーブメント

これが傑作といわれる理由は、この1つ前のムーブメントのCal.72B(722-1)と同様に

緩急計のないアジャストスクリュー方式の調速装置を搭載したことで安定した精度を保つうえに、テンプの小型化によって、振動数を72Bの毎時1万8000振動から2万1600振動に大幅にアップさせるという飛躍的な進歩を遂げているからです。

 

また、耐震装置に”キフ・ウルトラフレックス”を採用するなど、細部にわたる改良を加えることで、

精度、耐久性ともに優れたムーブとなっているのが特徴です。

 

 

ところで、なぜロレックスは精度の微調節に緩急針ではなくアジャストスクリュー方式を採用したのでしょうか。

 

実際、緩急針を使えば比較的容易に精度は出るが、ヒゲ挟みの部分が外部からの影響を受けやすく、そのため精度が低下する原因になりやすいです。

 

そこで、ロレックスは高度な技術こそ必要だが、安定した精度を保つ

アジャストスクリューによる調整方法にこだわったようです。

 

斬新な改良によって極めて完成度の高い手巻きクロノグラフ・ムーブメントとして登場したCal.727。

 

これは時計史に残る傑作ともいわれ、また、Ref.6263、6265が絶大な人気を誇っているのは、ねじ込み式プッシュボタンを搭載して防水性能を確保したのとともに、このムーブメントの人気によるところも大きいといわれています。

 

テンプが小さくなり、耐震装置にも改良を加えたCal727。ピラーホイール、スライディングギア、チラねじ付きテンプなど、今ではなかなか見られない高級ムーブの証ともいえるパーツも見事に装備しています。

 

 

cal.727搭載モデルのデイトナの紹介

第2世代(Ref6262、6264)第3世代(Ref6263、6265)に渡り20年以上愛され続けた

cal.727のムーブメント。ここではそんな今でも人気を誇るデイトナを紹介します。

特に防水性能が搭載された後者からのモデルの人気はその他を圧倒します。

 

ロレックス デイトナ Ref6262

ロレックス デイトナ Ref6262

ロレックス デイトナ Ref6264

ロレックス デイトナ Ref6264

 

ロレックス デイトナ Ref6263

ロレックス デイトナ Ref6263

ロレックス デイトナ Ref6265

ロレックス デイトナ Ref6265


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギャラリー麻布ってどんなお店なの?福岡にある骨董品・アンティークショップ!

  • 弊社で購入して頂いたお客様へ 口コミ(画像)の入れ方の手順についてになります

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

関連記事

  • ロレックス・デイトナの歴史