1. TOP
  2. 未分類
  3. エミール・ガレ オルセー美術館での装飾美術デッサン画の展示

エミール・ガレ オルセー美術館での装飾美術デッサン画の展示

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 879 Views

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

アンティークテーブルウェアのユーチューブチャンネル

オルセー美術館 デッサン画

 

 

創るためにデッサンされた、美しき夢幻境

 

装飾美術のデッサンは、芸術作品の創作活動における重要な目撃者であり、しばしば生まれた作品よりも多くのことを物語ります。

芸術的、技術的、時に工業的な作業の連鎖の第1ステップとして、デッサンには作者の意志が凝縮されています。

オルセー美術館には、我々に制作者がどのように行動したのかをより詳しく知らせてくれるこれらのデッサン画の豊富なコレクションを備えています。

 

 

 

エミール・レベール 蝶のティーポット デッサン画

エミール・レベール(1826-1893年)

蝶のティーポット

1878年

インク、墨、トレーシングペーパー上は鉛筆

 

 

動物は絶え間ないインスピレーションの源であり、装飾品の制作に動物を使用することは19世紀以前から行われていました。

作品が展示されている個々のアーティストたちは、動物世界を構成するこの伝統的なインスピレーションの源に対して様々なアプローチを示しています。

あるいくらかの人々は動物の細かな側面に敏感であり、他の人々は日本の電灯に影響を受けています。

注意深く観察されたデッサンに力を入れる人もいれば、根本的に形状を再構築する人もいます。

 

 

 

クラウディス・ポプラン 花飾りと空想の鳥の習作 デッサン画

クラウディス・ポプラン(1825-1892年)

花飾りと空想の鳥の習作

1870年から1880年

インクと水彩画

 

 

このアプローチの多様性の中にこそ、その時代の描画文化の豊かさがあり、デッサンはその制作の道筋を残しているのです。



 

エミール・ガレと動物装飾

 

展示されているデッサンは、巨匠の手によるものもしくはデッサンの工房で修正されたものでありますが、どれもエミール・ガレの創作活動を直接的に示すあかしです。

彼は1880年にこう記しています。

「紙に記されたこれらの型式は正真正銘のオリジナルだ。そのデッサン画のコピーである作品自身よりも――それがどんなに忠実だとしても――はるかに大きな、きちんとした美術的価値を有している。」

 

 

 

エミール・ガレ ファイアンス陶器製4面の2つの花瓶 デッサン画

アトリエ・エミール・ガレ

ファイアンス陶器製4面の2つの花瓶

1863年から1930年

クレヨン、水彩、白と金のガッシュのハイライト

 

エミール・ガレは、自然から生み出されるものは無限に尽きないという彼の信念をもって、インスピレーションを使いつくす、もしくは19世紀末に主流であった芸術の表現様式を脆弱にするといった批判に対抗しました。

彼は様式化という概念を、生命の感情のほとばしりのような本来の形を奪い、自然の精神に背くものだとして拒みました。

逆に観察とデッサンによって、生命の力や自然の創造主へと回帰することを称賛しています。

生命そのものである感情のほとばしりを根本的な構造によって暴き、生命が生き延びるための無数の力を知覚することです。

この基本的な感情のほとばしりこそが、本当に新しい芸術を生み出し、彼にアイデンティティーを与えるものとなったのです。


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アンティークテーブルウェア 新着商品情報

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギャラリー麻布ってどんなお店なの?福岡にある骨董品・アンティークショップ!

  • 弊社で購入して頂いたお客様へ 口コミ(画像)の入れ方の手順についてになります

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

関連記事

  • ドーム兄弟(ナンシーコレクション)

  • ボヘミアングラス(ガラス)モーゼルコレクション

  • エインズレイ AYNSLEY コレクション

  • バカラグラス コレクション

  • マイセン(カップ、食器、人形)コレクション

  • エインズレイの美しいカップアンドソーサー 〜ホワイトローズ〜