1. TOP
  2. ロイヤルウースター
  3. ロイヤルウースターの人気ランキング!ウースターは王室に愛され続ける絵画の様な輝き

ロイヤルウースターの人気ランキング!ウースターは王室に愛され続ける絵画の様な輝き

 2017/04/26 ロイヤルウースター
この記事は約 9 分で読めます。 1,184 Views
カミカ
ポーラBAトライアルセット

目次


ロイヤルウースター(Royal Worcester)は、その名をだれもが聞いたことがあるイギリスの陶磁器メーカーです。

英国最古の陶磁器メーカーとして、現在も世界中の人々に愛されています。

ロイヤルウースターが誕生したのは1751年、日本はまだ江戸時代、徳川幕府の頃です。

まだまだ日本ではちょんまげ姿のお侍さん歩いていた頃、遠い英国では新しいブランドが誕生しました。

イギリスでロイヤルウースターの創業

薬剤師だったウィリアム・デイビスが経営者となり、医師だったジョン・ウォール博士が技術面を担当、

そして15人の株式出資者が集まり、イングランド西ミッドランズ地域のウスター市に

ウースター・トンキン磁器会社として創業されたロイヤルウースター。

新しい試みに、きっと胸を弾ませていたでしょう。

 

創業の翌年1752年にソープストーン(ステアタイル)を素地に混ぜて軟質磁器を作っていた

ブリストル工房と合併しました。

 

食器用に適していたソープストーン磁器ペーストは、とても薄く処理することができ、

まだ創業したばかりのロイヤルウースターの事業の拡大に大きく貢献しました。

 

先見の目があったのか、それとも野心に萌えていたのかロイヤルウースターは

その歴史の中で何度となく合併を繰り返しています。

 

その後は、高度な技術を要する釉薬の上にエナメルカラーの絵付けを施し、

銅版画転写法の技法により大量生産を可能にしていきました。

 

中国の陶磁器を彷彿とさせる薄く高品質な磁器は当時のヨーロッパの人々の憧れの的となりました。

どんどん取り入れられる高度な技術を見事に発展させていった結果です。

 

1789年にジョージ3世が窯を訪れた際、藍の染付がされた「ブルー・リリー」が目にとまります。

ジャポニズムの影響を受けたブルー・リリーがきっかけで、英国の陶磁器界では初の

ロイヤル・ウォラント(王室御用達)の称号を得ることとなりました。

美しい藍の染付は国王の目にどのように映ったのでしょう。

 

名誉を与えられたこのシリーズはロイヤルリリーと呼ばれ、現在に至るまで

ロイヤルの称号を途切れることなく受け続けています。

ロイヤルウースターは現存する英国最古の名窯です。

 

1800年頃にはボーンチャイナの生産にも成功し、

ますます英国での地位を揺るぎないものとしていきました。

 

ロイヤルウースターの代表作である「ペインテッド・フルーツ」は

ウースター最高の工芸品と言われ、コレクターがいるほどです。

フリーハンドによる絵付けの上品さと焼成を6回繰り返す手間をかけた上に、

さらに特殊技法で施した22金を11時間もの時間をかけて、研磨し輝きを引き出す工程は、

ロイヤルウースターの歴史と伝統の深さを今に伝えてくれます。

 

濃厚な色使いはけして嫌味にならず、王室に愛されたことが納得の

ロイヤルウースターはまるで絵画のようで作品に奥ぶかさを感じます。

 

コレクションにして眺めていたくなるロイヤルウースターの素晴らしい作品をランキング形式でお届けします。

 

眺めれば浮かんでくる英国の情景うっとりしてしまう名品は贈り物としても恥ずかしくない高級品です。

 

第5位 ジュエルシリーズ

イギリス(英国)製 royal worcester ロイヤルウースター金彩ジュエル カップ&ソーサー

 

イギリス王室御用達の高級ラグジュアリーブランドのAspreyのサイン入です。

ロイヤルウースターの中でもこの刻印されているのはほんの一部しかない非常に貴重な品です。

 

ジュエリシリーズ

 

ジュエリシリーズ

ジュエリシリーズ

繊細なデザインはまるで王室の一室を写し取ったような美しさです。

女性らしいこのカップ&ソーサーにうっとりしてしまいますね。

縁どられた金箔が本当に豪華で、まるでレースのようです。

 

 

ロイヤルウースター 白ドット&コバルト 金彩カップ&ソーサー

 

美しいアンティークのカップ&ソーサーにはコバルトブルーに精緻な金盛、金彩連鎖紋様が映えます。

カップ内部にまで金彩を施した豪華な品です。

ジュエリシリーズ

 

ジュエリシリーズ

ジュエリシリーズ

コバルトブルーの濃い青みは豪華の一言ですね。

澄んだコーヒーがよく映えそうな内側の金色も王室御用達が納得できます。

男性にぜひ使ってもらいたいカップ&ソーサーです。

 

ロイヤルウースターブルー/ゴールド デミタスカップ&ソーサー

1915年頃のロイヤルブルーのデミタスカップ&ソーサー。

ゴールドラインにアクセントのビーズが可愛らしく、当時のペインターが海外の芸術を取り入れたイスラム文様が描かれためずらしい作品です。

 

ジュエリシリーズ

 

ジュエリシリーズ

ジュエリシリーズ

若い英国紳士を思い出させるようなスラリとした佇まいのカップ&ソーサーです。

白ドット&コバルトのカップに比べスマートな印象がありますね。

豪華でかっこいいそんな1品です。

 

 

 

第4位 ジャポニズム

ロイヤルウースタージャポニズム 鶴と蝶の金彩プラチナカップ&ソーサー

1879年の作品です。

ライトグレーで描かれた桜のベースが優しげで、ゴールドで描かれた鶴や蝶は日本らしく上品で豪華にカップ&ソーサーを飾っています。
枝葉の部分はプラチナで描かれておりとても高級感のある作品です。

 

ジャポニズム

 

ジャポニズム

ジャポニズム

和室にあっても違和感を感じないデザインは本当に海外で作られたのかと思うほど日本らしい美しさがあります。

ご年配の人に贈っても喜ばれそうな1品は、海外の人にどんな風に写っていたんでしょう。

 

イギリス(英国)製 royal worcester ロイヤルウースター桜とスミレをモチーフにしたジャポニズム カップ&ソーサー

 

葉桜の反対側に描かれたスミレの花は立体的に描かれておりとても美しい作品です。

歴史と伝統のあるイングランド製のジャポニズム様式の作品です。
国内では人気が高く、市場にはなかなか出てきません。

ジャポニズム

 

ジャポニズムとは言え、洋風のデザインの桜とスミレがとってもかわいいです。

まだ幼さが残るような可愛らしさは、若い女の子に使ってもらいたいデザインですね。

 

イギリス(英国)製 royal worcester ロイヤルウースタージャポニズム カップ&ソーサー

日本の花が立体的に描かれている美しい作品です。

ハンドルだけでなく、リムにも豊かな金色が施されています。

 

ジャポニズム

先の桜とスミレのモチーフとセットで持ちたい作品です。

一緒に揃えてティータイムを飾りたいですね。

英国の粋なジャポニズムの作品は、日本人の心にも響きます。

第3位 風景図

ロイヤルウースターコテージ風景のカップ&ソーサー

 

ゴールドの装飾はハンドペイントで施され、美しい緑の風景とコテージが細かく描かれています。

風景

こんな風景が遠い昔の英国にはあったのかと思うと、窓辺に飾りたくなってしまいます。

絵画の作品のようなデザインはなんだか使うのがもったいないですね。コレクションして飾っておいてアンティークな雰囲気を楽しみたいです。

 

 

 

最高級 希少 ロイヤルウースター コーヒーカップ&ソーサー 城と景色 Harry Davis

 

Harry Davis氏によってデザインされたこの最高品質のカップ&ソーサーです。

ロイヤルウースターのコレクターの方にとってはその貴重さから収集価値のある逸品。

緑のある風景の中に堂々と立つお城と湖の上のボートに犬の散歩をしている男性のイラストが優しいタッチで描かています。

 

風景風景
風景

小さなカップ&ソーサーに描かれた英国の風景は技術の高さだけではなく、絵画としても価値がありそうです。

優しい風景を飾る金がとても豪華で、まるで額縁のようです。

 

 

 

第2位  動物シリーズ

イギリス(英国)製 royal worcester ロイヤルウースター ウィリアム・パウエル作 動物シリーズのカップ&ソーサーセット

 

動物 動物

パステル調の背景が白鷺の凛とした姿を浮かび上がらせていて、光るソーサーが水面のようですね。

当時は狩りの風習があり人々の生活にこんな風景が当たり前のようにあったなんてとてもロマンティックです。

 

 

ロイヤルウースター白鷺のキャビネットカップ&ソーサー

1923年 ウィリアム・パウエル作 動物シリーズのカップ&ソーサーのセット作品。

白鷺のキャビネットカップ&ソーサーです。

ゴールドのハンドルや内張りにブルーのハンドペイントで描かれた白鷺の細やかな描写が美しい作品です。

サギ

サギ

日本の昔の田園風景にもでてきそうな白鷺の姿が、日本人向けのデザインに感じます。

白い磁器に淡いブルーがとても優しく、静かな夜更けにぴったりのカップ&ソーサーですね。

ロイヤルウースターキジのキャビネットカップ&ソーサー by Jas. Stinton

ロイヤルウースターの代表的な絵付師・ジェームズ・スティントンのカップ&ソーサーです。キジの細かな描写は美しいとしか言いようがありません。

キジ

キジ

ぼやかした描写で描かれた背景がキジの色鮮花やな羽根を引き立たせています。

ウィリアム・パウエルと同様、描かれる動物シリーズは図鑑から飛び出してきたような精密さがあって本当にきれいですね。

 

 

 

第1位

イギリス(英国)製 royal worcester ロイヤルウースターベリーとチェリーの果物カップ&ソーサー

ロイヤルウースターのペインテッドフルーツの果物カップ&ソーサーです。
手書きで果物が描かれておりとても美しい作品です。
中央にはベリーとチェリーを中心に描かれています。透明感のある素晴らしい絵付けは正に芸術品。

フルーツ

ペインテッド・フルーツはウースター最高の工芸品とも言われています。

おいしそうに描かれたフルーツはみずみずしくフリーハンドで描かれているのが信じられません。

 

 

ロイヤルウースターの作品はコレクションとして大切にしたくなるようなデザインが、本当に豪華です。

当時の人たちがこの美しいデザインのカップ&ソーサーでティータイムを楽しんでいたなんて贅沢すぎるように思えます。

美しすぎてもったいなくて使えませんね。

素敵なコレクションの1つとして、次の世代に残してもけして衰えることのないロイヤルウースターをぜひ手にしてください。


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アイキララ
アイゾーンクリーム
アンティーク商品の代行

Processed with MOLDIV

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

  • ビーナスの素晴らしきムーブメント

  • ジョージ・ジェンセンの素晴らしき歴代カトラリーとそのモデルのデザイナーたち

関連記事

  • ロイヤルウースターのマークから見る真実の歴史

  • いつまでも輝き続けるロイヤルウースターのカップ&ソーサー

  • ロイヤルウースターとジェームズ・ハドリーの物語

  • フランスのクリストフル(Christofle)のシルバースプーンがコーヒータイムを優雅にさせる

  • なぜアンティーク食器・骨董品が好きな芸能人はロイヤルウースターを選ぶのか?

  • 現在でも愛されているウースターの磁器たち