1. TOP
  2. バカラ
  3. 美しく輝かしい✨バカラグラスのご紹介

美しく輝かしい✨バカラグラスのご紹介

 2016/07/28 バカラ
この記事は約 27 分で読めます。 957 Views
カミカ
ポーラBAトライアルセット

本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

アンティーク食器専門通販取扱店

博多アンティーク店長の加寿美です(*^^*)

 

 

 

 

 

クリスタルの代名詞ともいえる、世界的に有名なフランスのクリスタルメーカー、バカラ。

 

 

 

1764年、ルイ15世の時代に創業して以来、これまで世界中の王侯貴族をはじめとした人々に愛され続け、みごとな歴史を刻んできました。

 

 

 

そして、その美しさ、品質の高さは今も色あせることがありません。

 

 

 

今回は、そんなバカラクリスタルの美しく輝かしいグラスの数々をご紹介します✧

 

 

 

 

 

バカラ・ツァー ワイングラス シャルトリューズカラー

s-l500

1 tsar-2 1 tsar-4 1 tsar-5

 

 

バカラの中でも、ツァー(Tsar)というシリーズのワイングラスです✨

 

 

 

ロシア皇帝(ツァーリ)を意味するこのシリーズは、1906年にロシア最後の皇帝ニコライ2世のために、特別にデザインされたものです。

 

 

 

色あざやかで、精巧で緻密なカットがほどこされています。

 

 

 

皇帝の名にふさわしく、形状、色、カッティング、すべてに高貴な雰囲気がただよっていますね💎

 

 

 

このライム色のようなイエローグリーンは、フランスを中心としたヨーロッパでは、シャルトリューズ(chartreuse)と呼ばれている色です。日本ではあまり耳にしませんね。

 

 

 

もとは、フランスのシャルトリューズ修道院に伝わる薬草系リキュールのことを指すそうです。修道院の秘伝の製造法で、130種類ものハーブを加え、手間暇かけてつくられるため、「リキュールの女王」とも称されるそうです。

 

 

 

そんなシャルトリューズ・リキュールが、このグラスのようなきれいな色をしていたのですね💕

 

 

 

サイズは、高さが27㎝になります。

 

 

 

グラスの底にバカラのマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

 

バカラ・ツァーのワイングラス シャルトリューズカラー

2 tsar-1 2 tsar-4 2 tsar-3

 

 

先のグラスと同じく、バカラのツァー(Tsar)シリーズのワイングラスです。

 

 

 

カラーも同じシャルトリューズです。

 

 

 

先のグラスとあわせて見ていただければおわかりでしょうが、ツァー(Tsar)シリーズのグラスは、背の高いステムが特徴です。

 

 

 

こちらのグラスは、高さが36㎝にもなるほどです。

 

 

 

ロシア皇帝のために作られただけあり、他をよせつけない格調の高さを感じさせます✧

 

 

 

宝石を思わせるような、華麗で美しい色のグラスで、王侯貴族をはじめ、セレブリティから絶賛されたシリーズとなっています。

 

 

 

カップ部分と底の部分の被せガラスのカットも美しいですし、ステム部分にも緻密にほどこされたカットとあわせ、すばらしいバランスに仕上がっている、たいへんぜいたくなグラスです🍷

 

 

 

グラスの底にバカラのマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

バカラ・ツァーのシャンパンクープ シャルトリューズカラー

3 tsar-1 3 tsar-2 3 tsar-5

 

 

先の2点と同じく、バカラのツァー(Tsar)シリーズからです。

 

 

 

こちらは、シャンパングラスになります。

 

 

 

他のツァー(Tsar)のアイテムと同様、こちらも、ゴシック調のステンドグラスを思わせるアーチ状のカッティングが、ボウルだけでなく、ステムやプレートの部分にも繊細にほどこされています。

 

 

 

背の高さ、美しい色合いとあわせて、たいへん高級感あふれるぜいたくなアイテムになっています。

 

 

 

このツァー(Tsar)シリーズにほどこされているカッティングは、ポー(PAU)というパターンになります。

 

 

 

名前の由来は、フランス南部の古都の名前で、また、アンリ4世が誕生した有名なお城の名前でもあるそうです。

 

 

 

フランス革命で一度は破壊されましたが、その後、ルイ・フィリップ王とナポレオン3世によって修復された名城ということです🏰

 

 

 

ツァーのグラスは、現在でも、ピンク、ブルー、グリーンのカラーでしたらバカラのカタログに掲載されていますが、こちらのシャルトリューズカラーはとても貴重なものとなっています。

 

 

 

サイズは、高さ約27㎝、口径10.5㎝です。容量は180㏄です。

 

 

 

やはり、底にバカラのマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

 

オールドバカラ ジュヴィジーのワイングラス

4 juvisy-3 4 juvisy-4 4 juvisy-2

 

 

たいへん貴重なジュヴィジー(Juvisy)のワイングラスのご紹介です。

 

 

 

ジュヴィジー(Juvisy)は、アルクールと並んで、古くから世界の王侯貴族に愛されてきた、名高いシリーズです。

 

 

 

1867年にパリ万国博覧会のために制作されました。

 

 

 

そして、1899年以降今日まで、フランス大統領府であるエリゼ宮殿で催される公式なレセプションや晩餐会で使い続けられています🍷

 

 

 

全面にカットがほどこされており、ダイヤモンドのような複雑な輝きがたいへん美しいグラスです。

 

 

 

ステム、ベースの部分にもカットがほどこされ、ぜいたくで重厚な品となっています。

 

 

 

大きめなので、ウォーターゴブレットとしてもお使いいただけます。

 

 

 

サイズは、高さが約17.8㎝になります。

 

 

 

 

 

 

 

オールドバカラ ジュヴィジーのデキャンタ

5 juvisy-1 5 juvisy-2

 

 

先のグラスと同じ、ジュヴィジー(Juvisy)シリーズのデキャンターになります。

 

 

 

グラス同様、全面にほどこされたなめらかなカッティングが、水が流れるようで美しく、上品な輝きをはなっています✨

 

 

 

大きめなストッパーにも同様のカッティングがほどこされ、さらに流れるような美しさを添えています。

 

 

 

サイズは、高さが約21.6㎝になります。

 

 

 

 

 

 

 

パルメ 赤ワイングラス

6 parme-red1 6 parme-red2

 

 

こちらは、バカラのパルメ(Parme)シリーズの中でも、白ワイン用より少し大きめに作られた、赤ワイン用のグラスになります。

 

 

 

赤ワインは、香りをよくし、独特の渋みを抑えるため、冷やさずに常温のままで飲むのがいいとされています。

 

 

 

そして、空気に触れる面積をできるだけ広くし、酸化をすすめるためもあり、グラスも大ぶりのものが使われることが多いのです。

 

 

 

ですが、常温といってもそれはフランスの気候での話。

 

 

 

日本では地域や季節によってさまざまなので、12~15℃程度が適温となることを、おぼえておいてくださいね。

 

 

 

こちらのシリーズ「パルメ」(Parme)は、1939年、パリ郊外にある大統領のハンティング・ロッジで使うためにデザインされたものです。

 

 

 

ガラスの工芸手法であるエッチングにより、想像上の楽園に住む鳥が細やかに描かれています。

 

 

 

植物にかこまれた楽園のなかを鳥たちが楽しそうに羽ばたいているようすは、こちらまで楽園にいるような優雅な気分にさせてくれます🐦

 

 

 

オリエンタルな雰囲気をかもしだしているこのグラスは、ボウルの底の部分の細かいカットによる光の屈折がとても美しいのも特徴となっています。

 

 

 

サイズは、高さ約15㎝、容量が約250㏄になります。

 

 

 

 

 

 

 

パルメ 白ワイングラス

7 parme-white

 

 

こちらは先のグラスより小さめに作られた、パルメ(Parme)の白ワイン用のグラスになります。

 

 

 

白ワインは、赤ワインと違って、冷やして飲むのが一般的です。

 

 

 

大きいグラスで飲むと、飲み切るまでにぬるくなってしまいます。

 

 

 

そこで、冷たいまま飲み切れるように、小さめのグラスが使われます。

 

 

 

赤ワイン用と白ワイン用のグラスは、このような理由で使い分けられているのです。

 

 

 

先ほどのグラスと同様、楽園にはばたく想像上の鳥をモチーフにしたエッチングで飾られています。

 

 

 

『失われた時を求めて』などで著名な作家プルーストが愛用していたことでも有名なシリーズです。

 

 

 

液体を注ぐと、エッチングで描かれたもようが立体的に浮かび上がって見え、ボウルの下部分にほどこされたカットは、絶妙なきらめきを見せてくれます💕

 

 

 

サイズは、高さ約13㎝、容量が約130㏄になります。

 

 

 

 

 

 

 

パルメ ゴールドリムのワイングラス

8 parme-gold1 8 parme-gold2 8 parme-gold3

 

 

先の2点と同じ形のパルメのワイングラスに、ゴールドのふちどりが添えられたタイプで、たいへん貴重なものかと思います。

 

 

 

楽園を描いた、エキゾチックなデザインに、さらにぜいたくなゴールドが加わって、たいへん豪華な逸品となっています💎

 

 

 

サイズは、高さが11.5㎝となっています。

 

 

 

グラスの底に、バカラのマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

 

パルメ オールドファッションド・グラス

9 parme-1 9 parme-2

 

 

先の3点と同じく、パルメ(Parme)の細やかな植物もようのエッチングが特徴のグラスです。

 

 

 

入り組んだ繊細なもようがグラス全体にほどこされており、屈折した光の勢いをやわらげ、美しい輝きをはなちます。

 

 

 

ぜいたくなクリスタルと誰をも魅了する繊細な装飾で、ひとくちひとくちをより豊かな味わいにしてくれること、まちがいありません。

 

 

 

オールドファッションド・グラスとは、いわゆるロック・グラスです。

 

 

 

オールドファッションド・グラスという名前は、オールドファッションドというアメリカで作られたといわれるカクテルに由来しているそうです🍸

 

 

 

サイズは、高さが9.6㎝、容量が約280㏄になります。

 

 

 

グラスの底に、バカラの刻印があります。

 

 

 

 

 

 

 

エプロン アンティーク クランベリーデキャンタ

10 epron 3

 

 

1940年に作られた、エプロン(Epron)シリーズのデキャンターになります。

 

 

 

エプロン(Epron)のシリーズは、1910年から1970年まで製造されていました。

 

 

 

雪の結晶のようなカットとあざやかなクランベリーカラーが、なめらかなフォルムとあいまって、高級感をかもしだしています❄

 

 

 

ところで、デキャンタと呼ばれるこのような容器は、どのように使用するかと言いますと……

 

 

 

ワインボトルの栓を開け、デキャンタにワインをうつしかえることで、若いワインであれば、たくさんの空気に触れさせ、短時間でワインの香りや風味をよくすることができます。

 

 

 

また、古いワインなら、ボトルの底に沈んだ澱をとりのぞくことができます。

 

 

 

この作業をデキャンタージュといいます。

 

 

 

このような美しいデキャンタでデキャンタージュすれば、より豊かな香りと風味を味わえるような気がしますね✨

 

 

 

高さは約30㎝、ストッパーまでいれると約38㎝になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

エプロン ブルーのコーディアルグラス

11 epron-2

11 epron-3 11 epron-4

 

 

先ほどと同じくエプロン(Epron)シリーズより、コーディアルグラスです。

 

 

 

こちらは1920年製です。アール・デコ様式のデザインになっています。

 

 

 

六角形のスマートなステムにのっているボウル部分は、ブルーの被せガラスとクリスタルにシャープなカッティングがほどこされ、優雅な美しさを感じさせてくれます。

 

 

 

澄んだ青色がとてもきれいで、高貴な雰囲気をかもしだしていますね💛

 

 

 

このエプロン(Epron)シリーズならではの鋭角なカットを真上から見ると、星が輝いているように見えますね✧

 

 

 

サイズは、高さ11.5㎝、口径が4㎝です。

 

 

 

リキュールや、ウォッカ、テキーラ、ラムなどアルコール度の強いお酒をストレートで飲むときに使うグラスなので、小さめに作られています。

 

 

 

リキュールグラスとも呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

エプロン シャンパンクープ 

12 epron-1 baccarat_epron

 

 

同じくエプロン(Epron)のシャンパン(シャーベット)グラスになります。

 

 

 

カタログにも掲載されていたものです。

 

 

 

エプロン(Epron)の星のようなカットがスマートな印象をあたえ、すっきりとした上品なグラスになっています☆

 

 

 

口の広いソーサー型、フランス語ではクープ(coupe)型と呼ばれるグラスです。

 

 

 

細くて背の高いフルート(flute)型と違って、飲み口が広く、カップが浅いので、相手の顔を見たまま飲むことができる、というメリットがあります。

 

 

 

ですので、パーティーでよく使われます。

シャンパンタワーを作るのも、クープ型のグラスですよね。

 

 

 

このクープ型の形は、フランスのルイ15世の愛人で、シャンパンが大好きだったポンパドール夫人の乳房から型をとって作られた、と言われています。

 

 

 

また、ポンパドール夫人は「女性が飲んで醜くならないのは、シャンパンだけ」と言ったとも伝えられています。

 

 

 

本当にそうなのでしょうか❓❔ 気になりますね(^-^)

 

 

 

高さは約12㎝、口径が9.5cmです。

 

 

 

底にバカラの刻印があります。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドの贅沢な輝き

アルクール・エンパイア シャンパンクープ

14 empire-1 14 empire-2 14 empire-3

 

 

アルクール・エンパイア(Harcourt Empire)シリーズのシャンパン(シャーベット)グラスになります。

 

 

 

アルクール(Harcourt)は、1825年にアルクール公爵のためにデザインされ、1841年に発表されてから今日に至るまで作り続けられている、バカラを代表するシリーズです。

 

 

 

そのアルクールに、ナポレオン時代のアンピール(Empire)模様の金彩の装飾をほどこした、バカラの最上級モデルが、こちらのエンパイア(Empire)シリーズです👑

 

 

 

アンピール様式とは、19世紀前半、ナポレオン帝政の時代に流行した建築・工芸様式で、古典主義的、力強く荘厳な作風の様式になります。

 

 

 

いかにもナポレオンらしい作風ですね。

 

 

 

エトワール凱旋門やマドレーヌ寺院にも用いられている様式です。

 

 

 

格調を重んじるこのスタイルが、このバカラのエンパイア(Empire)シリーズにもよく表れています。

 

 

 

こちらのシャンパンクープ、フラットカット部分には精巧な金の装飾があしらわれ、グラスのふちとプレートの部分には、金のふちどりがほどこされています。

 

 

 

プレートが六角形のダイヤモンド型なのも、高級感にあふれていますね。

 

 

 

ナポレオン皇帝を思わせる、とても豪華なデザインになっています✨

 

 

 

このようなぜいたくなグラスでシャンパンをいただいたら、自分まで皇帝になったような気分になれそうですね❕

 

 

 

このエンパイア(Empire)シリーズは、フォルムがキリスト教に伝わる聖杯に似ているとされ、1917年にバチカンで採用され、ローマ教皇の別荘で使われているそうです。

 

 

 

その名の通り、由緒あるシリーズと言えるでしょう。

 

 

 

サイズは、高さが約13㎝、口径が約9.5㎝になります。

 

 

 

 

 

 

 

アルクール・エンパイア ワインデキャンタ

15 empire-3 15 empire-2 15 empire-1

 

 

先のグラスと同じく、ナポレオン皇帝をイメージして作られたアルクール・エンパイア(Harcourt Empire)シリーズから、ワインデキャンターです。

 

 

 

こちらもやはり、威風堂々とした趣で、重厚感が感じられます。

 

 

 

グラスの大胆なフラットカットと、24金の緻密にほどこされた装飾が、皇帝の名にふさわしい、みごとな輝きを生み出しています✨

 

 

 

また、ダイヤモンド型の美しいストッパーが、さらに荘重な雰囲気を添えていますね👑

 

 

 

サイズは、高さが24㎝、ストッパーまでいれると29.5㎝、容量が750㏄になります。

 

 

 

 

 

 

 

ピカデリーカット シャンパンクープ

16 piccadilly

 

シャープなカットがきらびやかな、スマートなシャンパン(シャーベット)グラスです。

 

 

 

このピカデリー(Piccadilly)のシリーズでは、チェック模様のようにほどこされたカッティングが特徴となっています。

 

 

 

こちらのピカデリー(Piccadilly)シリーズは、1960年から1991年まで製造されていました。

 

 

 

ロンドンの中心的な広場ピカデリー・サーカスから名前をとり、新旧さまざまな世代が行き交う街の華やかさをイメージしたデザインになっています。

 

 

 

さまざまな思想やファッション、文化が交差するにぎやかな雰囲気がグラスから感じられるでしょうか❔

 

 

 

シンプルですが、ダイヤモンドのようなカットが上品なきらめきを生み出しています💎

 

 

 

サイズは、高さが12.7㎝になります。

 

 

 

底に、バカラの刻印が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

ピカデリーカット コーディアルグラス

17 piccadilly -1

 

 

同じくピカデリー(Piccadilly)から、コーディアルグラスです。

 

 

 

水平・垂直のラインでほどこされた、端正で華やかなピカデリー(Piccadilly)カットがすばらしいグラスです。

 

 

 

強いお酒をストレートでいただくためのコーディアルグラスですので、容量40mlほどの小ぶりのかわいらしいグラスになっています。

 

 

 

サイズは、高さが約8㎝になります。

 

 

 

底に、バカラマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

 

ピカデリー フィンガーボウル

19 piccadilly

 

 

こちらもピカデリー(Piccadilly)シリーズより、受け皿のついたフィンガーボウルのご紹介です。

 

 

 

やはり縦横にめぐらされたシャープなカットが上品な輝きをはなつ逸品です✨受け皿にほどこされた、放射状のカッティングが、ボウルをさらに輝かしく、華やかに見せてくれています。

 

 

 

フィンガーボウルは、お食事の際、水が入った状態で出される小さな器のことです。

 

 

 

手を使って食べるような料理のときに、指を洗えるよう、水を入れたボウルが出てきますよね。

 

 

 

フィンガーボウルにまで注目することはあまりないかもしれませんが、レストランで出てきたとき、どんな器が使われているのか、見てみるのもいいですね。

 

 

 

もしかしたら、貴重な高級品が使われているかもしれません❕

 

 

 

サイズは、高さが約5㎝、口径が約12㎝になります。

 

 

 

底に、バカラマークが刻印されています。

 

 

 

 

 

 

 

ナンシー シャンパンクープ

20 nancy-1

 

 

こちらは、ナンシー(Nancy)シリーズのシャンパン(シャーベット)グラスになります🍸

 

 

 

ナンシーとは、フランス北部ロレーヌ地方のバカラ村の近くにある都市の名前です。

 

 

 

ナンシーの街では、19世紀末のアール・ヌーヴォー全盛期に、ガラス工芸で今日でも有名なエミール・ガレやドーム兄弟らが活躍し、ナンシーを拠点に活動するアーティストたちにより「ナンシー派」という芸術グループがつくられました。

 

 

 

そんなガラス工芸の根付いた街にちなんでネーミングされたこのシリーズは、縦横の直線がチェックのようにめぐらされているカットが特徴になっています。

 

 

 

モダンな雰囲気もありながら、バカラのクリスタルらしい高貴さもただよう、すばらしい逸品です✧

 

 

 

サイズは、高さが12.5㎝になります。

 

 

 

 

 

 

 

ナンシー シャンパンフルート

21 nancy

 

 

こちらは、ナンシー(Nancy)シリーズのシャンパンフルートになります。

 

 

 

シャンパンフルートというと、シャープな形状、ボウル部分が小さめの、高級感ただよう、近寄りがたいような雰囲気をもつアイテムが多い中、こちらのシャンパンフルートは、ボウル部分がゆったりとして丸みをおび、やわらかく優しげな印象をあたえてくれますね。

 

 

 

サイズは、高さが17.5㎝、口径が44㎜になります。

 

 

 

 

 

 

 

ナンシー タンブラー

23 nancy

 

 

同じくナンシー(Nancy)シリーズから、タンブラーのご紹介です。

 

 

 

ナンシーならではのダイヤモンドのようなカットがめぐらされたグラスを手にすると、指先でもバカラの技術の高さを味わうことができるでしょう。

 

 

 

この綿密にほどこされた格子もように光があたると、中に注いだスピリッツがみごとな深みのある輝きをはなちます。

 

 

 

サイズは、高さ9.6㎝、口径が8.5㎝、容量が280mlになります。

 

 

 

 

 

 

 

ナンシー 小ぶりなアイスバケット

22 nancy

 

 

同じくナンシー(Nancy)より、小さめのアイスバケットになります。

 

 

 

言うまでもありませんが、氷を入れておくための器ですね。

 

 

 

持ち手とふちがゴールドになっており、テーブルをゴージャスで高貴な雰囲気にしてくれそうですね💛

 

 

 

サイズは、高さ約10.5㎝、口径約10㎝と、小さめになっています。

 

 

 

底に、バカラの刻印が入っています。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか❔

 

 

 

ひとつひとつ、高い技術で丁寧に作られているバカラのクリスタルグラスは、いずれも世代を超えて永く使い続けることができる、一流の品々です💎

 

 

 

M.O.F.(フランス最優秀職人)の称号をもつ職人を50人以上も輩出しているバカラで、それほど高度な技術をもった職人たちが、ひとつひとつ手作業で生み出している高品質なクリスタルのすばらしさを、ぜひ、実際に手にとって、感じてみてくださいね💕

 

 

 

 

【バカラ専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 
「今年こそ、バカラのグラスを購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜💦う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)💦」

 

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです☝

 

 

私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ・・・

 

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

 

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀💕

 

 

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!!!

 

 

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます✨

 

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アイキララ
アイゾーンクリーム
アンティーク商品の代行

Processed with MOLDIV

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

  • ビーナスの素晴らしきムーブメント

  • ジョージ・ジェンセンの素晴らしき歴代カトラリーとそのモデルのデザイナーたち

関連記事

  • バカラグラスの「シャンゼリゼ」(Champs-Élysées)高級感あふれる作品を紹介します!

  • バカラのグラスで真夏の夜に涼しく優雅に過ごして♪

  • Baccarat(バカラグラス)社とSaint Louis(サンルイグラス)社は何が違う!?

  • バカラ・クリスタルガラスを作り上げる技法

  • 最上級のバカラのグラスをたっぷりご紹介いたします!

  • バカラグラスの人気ラング 女性編 baccarat