1. TOP
  2. バカラ
  3. オールドバカラ(baccarat)のクリスタルグラスとガラスをマークから見分ける4つの方法

オールドバカラ(baccarat)のクリスタルグラスとガラスをマークから見分ける4つの方法

 2016/03/25 バカラ
この記事は約 5 分で読めます。 5,786 Views
カミカ
ポーラBAトライアルセット

本日もご覧いただきありがとう御座います。
オールドバカラ通販取扱店

バカラショップ店長の加寿美です。

 

 

オールドバカラのクリスタルガラスとマークから偽物を見分ける方法

 

クリスタルの製作過程や違いについて、

いかに詳しく、サンルイ(有名なクリスタル工房)や

バカラのコレクションカタログなどに精通していても、

本当にクリスタルなのか幾つかの部分を確かめる必要がありますね。

 

 

いくつかの古いモデルは工房によって、クリスタルに変わったり、

普通のガラスに変わったりしていることがあるんですよ。

ちなみにバカラとは、

フランスを代表するクリスタルガラスのブランドのことです。

世界に名が通ったクリスタルブランドの1つです。

 

ルイ18世やフランス王室はもちろん、
イギリス、ロシアなどのヨーロッパの王室や

日本の皇室などもバカラを愛用されています。

 

ここでは、商品がクリスタルと普通のガラスのどちらでできているかを、

いくつかの要素からの見極め方を紹介します。

 

1-クリスタルから生まれる音色

グラスを手で洗っている際に、
(クリスタルは絶対に食器洗い機で洗ってはいけません)

 

クリスタルは普通のガラスが出さない、とても綺麗な音色を出します。

音色はクリスタルの厚さや形によって変わってきます。
お店などで確かめる際は、

爪の先でちょっとコンコンとゆるく叩いてみるといいですね。

 

 

そのときは、グラスを持っている手はそっとグラスに添える感じで、

グラスを持っている手が音色を抑えないように気をつけてくださいね。

 

クリスタルの音色はとても軽やかで長く続きます。

対して、

普通のガラスの音色はとてもシンプルな音色であまり聞こえません。

大きく口が開いたクリスタルの方がとても音色がわかりやすいです。

 

例えば、サラダボール、花瓶、カップなどですね。

逆に、

口が狭くなっているクリスタル、例えば一輪挿し、サラダボールなどは

音色がわかりにくいので、他の部分で見分ける必要があります。

 

 

2 – マーク

近年、有名なクリスタル工房会社(バカラ、サンルイ、ドーム、ラリック)は

全ての商品にマークを入れています。

 

バカラとサンルイはこのサインのシステムを1936年に始めたので、

それ以前のこの二つの会社商品にはマークが刻印されていません。

オールドバカラ(baccarat) サンドエッチングのマーク、サイン、刻印

サンルイ(st louis) サンドエッチングのマーク、サイン、刻印

 

1936年以降のバカラとサンルイのマーク

1936年以前はクリスタル工房会社は紙の工房名を商品に貼っていましたが、

何回か洗った後には、なくなるというものでした。

 

今でも、そのような商品があることもあります。

そのような商品はとっても高い価値がつけられていて、

とても良い状態のことが多いです。

 

というのも、

紙のマークが入ったものを見つけるのはとても珍しいことだからなんです。

オールドバカラ(baccarat) 紙のマーク(シール)、サイン、刻印

サンルイ(st louis) 紙のマーク(シール)、サイン、刻印

 

1936年前のラベル バカラ、サンルイ

ただ、特別に、バカラのとても古いコレクションでサインが刻印されているものもあります。

 

オールドバカラ(baccarat) のサイン、刻印

 

バカラのヴィンテージ花瓶にサインされた刻印

いくつかの金型の商品は刻印が入っていないものもありますが、

金型の中に組み込まれています。

 

下記の写真のようにとてもわかりやすくなっているんです。

(“Baccarat Déposé »)となっています。

オールドバカラ(baccarat) deposeのプレス成型によるマーク、サイン、刻印

 

バカラのクリスタルの一部にサインが刻印されています

ドーム、ラリックなど有名な会社のブランド名も商品に刻印されています。

例えば、こちらのドームのサインです。

 

(たまに、ドームのサインにローレンの十字架が
一緒に刻印されることもあります。)

ドーム社のサイン、マーク、刻印

ラリック社のサイン、マーク、刻印

ラリックのサイン

 

3 – ガラス、花瓶、クリスタルの輝き

普通のガラスは、白っぽい黄色い色でできているのに対して、

クリスタルはとても透明な色でできています。

 

稀に、クリスタルでも白っぽく黄色いものもありますが

ブロカントなどで見かけたりします。
ただ、クリスタルでそのような白っぽく黄色いものの場合は、

商品にほこりや油がこびりついていてそうなることが多々あるんです。

しかし、青っぽい膜やほこり、

油が指でこすってもなくならない場合は、残念ながら
染色機で洗っていた可能性があります。

 

もし、そのような場合は本来のクリスタルの輝きは
二度と戻ってきませんし、価値が半減しちゃいます。

 

 

4 – クリスタルの密度

クリスタルの密度は普通のガラスより高くなっています。

クリスタルは同じ立法のガラスと重さを比べると絶対的に重いです。

その違いはクリスタルの価値によってもとても大きな違いになりますね。

 

 

 

オールドバカラグラスや骨董品を買い取ります

あなたの大事な骨董品を買い取ります。

オールドバカラは現在では生産されることがなくなりその希少性も年々上がってきております。

もし、ご自宅に眠ったままになっているバカラや骨董品がございましたらお気軽に

弊社の提携会社『【スピード買取.jp】』にお問い合わせください。

 




無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


アイキララ
アイゾーンクリーム
アンティーク商品の代行

Processed with MOLDIV

\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 満隆

妹尾 満隆

合同会社SENOO商事の代表をしております妹尾満隆と申します。

ウェブという情報を発信してる人が見えてない中で、いろんな間違った情報がネット上にあるのを度々見かけます。

特にアンティークにおいては

・間違った情報
・信ぴょう性のない情報
・そもそも情報がない

などたくさんの課題がありました。

そこで私は、これまでのお客様との取引の実績、知識、経験、情報を元に正しい情報をウェブを通して発信していくことを会社の方針と掲げました。

ただ物を売る会社ではなく、これまでブラックボックスとされてきてた商品の真贋の見分け方を発信するというのが大切なことではないかと思ったからです。

なぜならアンティーク品の場合は情報量の不足から、買い手側が圧倒的に不利な立場にあったからです。

このアンティークの世界をもっとクリーンで、信頼のおける分野に成長させていく事が私の使命だと思っております。

ネットショップはこちらから
お問い合わせはこちらから
お店の口コミはこちらから

この人が書いた記事  記事一覧

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

  • ビーナスの素晴らしきムーブメント

  • ジョージ・ジェンセンの素晴らしき歴代カトラリーとそのモデルのデザイナーたち

関連記事

  • Baccarat(バカラ)・タンブラー(ハイボール)グラス5選でいただくお酒

  • バカラグラス シャルム(CHARMES)の魅力に迫る

  • フランスの一流ガラスメーカー「バカラ」の歴史を辿る

  • そもそもバカラってなんなのよ?

  • 🎶✨人々を魅了するバカラのデザイン✨🎶

  • バカラグラス今はなき敗退の美しさ