1. TOP
  2. クリストフルカトラリーのスターリングシルバー人気ランキング!!

クリストフルカトラリーのスターリングシルバー人気ランキング!!

 2016/09/02 クリストフル
この記事は約 7 分で読めます。 56 Views

 

こんにちは!

 

クリストフルには大きく分けて

スターリングシルバー、シルバープレート、ステンレスの3種類のグループがありますが、

ここではその中でも高級ラインであるスターリングシルバーのライン紹介をしたいと思います♪

 

スターリングシルバーとは?

シルバープレートは基本の部分はステンレスで作成されており、銀メッキを施してあるものですが、

スターリングシルバーは素材からすべてスターリングシルバーでできたもののことを言います。

スターリングシルバーはほぼ純銀に近く、その割合は92.5パーセントです!

100パーセントにできないのは銀の金属としての特性のためで、

銀は軟性が高い金属なので、硬性の高い他の金属(この場合は銅やステンレス)で補強する必要があるのですね。

 

 

スターリングシルバーである証の刻印

 

どのカトラリーにもクリストフルのスターリングシルバーであるという証に、文字やロゴが刻印されています。

下の写真はナイフの持ち手部分のマークです。(ただしブレードの部分はステンレス製になります。)

クリストフルロゴ1

 

各カトラリーに刻印されているブランドロゴがコチラ↓

2種類のロゴが存在していますが、クリストフル社がスターリングシルバーラインのカトラリーを売り出すために、傘下に取り入れたカルディヤック社が以前から使用していたロゴをそのまま受け継ぐ形で使用しています。

クリストフルロゴ2

このような横顔が描かれているロゴ。

これはミネルバとスターリング925のマークです。

 

 

クリストフルロゴ3

このようなひし形の中に紋章が描かれたロゴ。

クリストフルとOC、蜂、三ツ星のマークが刻印されています。

 

これらのロゴはスターリングシルバーであることの証であり、ほかのモデルにはない勲章のようなものです。

 

これこそが最高級品であるという証明にもなっているんですよ!

 

購入した際には必ずチェックしてみて下さいね。

そして150年以上続くいているクリストルの歴史も一緒に感じてみてください♪

 

 

スターリングシルバーの魅力って?

①料理の温度まで楽しめる!

純度の高い銀は、熱伝導率が高くなるので、スターリングシルバーで食事をすることで、

料理の温度をカトラリーを通して感じながら楽しむことができるというのも魅力の一つですね!

 

②長く使える一生モノのアイテムになる!

確かに安い買い物ではありませんが、一度買ってちゃんと手入れさえすれば、一生使えるカトラリーとなりますよ。

そう思えば、逆に経済的と言えるかもしれません。

ずっと大切に生涯使い続けることのできるカトラリーはそれほど多く存在しません。

きっとあなたの生活を豊かなものにしてくれるでしょう。

 

③お客様をもてなすのに最適♪

お呼ばれしたときに、スターリングシルバーのカトラリーが出てきたらびっくりしますよね。

同じお料理でもきっと何倍も美味しく感じ、贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

大切なお客様とのお食事に出してもきっと喜ばれること間違い無しです!

 

④なんと言っても高級感!

やはりスターリングシルバーの良さは、他のステンレス製のカトラリーにはない高級感でしょう。

ヨーロッパの各王朝がこぞって揃えていたほどの最高級の工芸品です。

それを自宅で使えるだなんてとっても贅沢ですよね〜

 

純銀に近いので、色もきれいなシルバー色でとても綺麗です。

それと比較してステンレスはやはり若干黒目の色になりますね。

 

ほかのステンレス、シルバープレートと比較して高価なスターリングシルバーですが、その高級感はきっとあなたの食生活を豊かにしてくれるでしょう♪

 

では、その中でも得に人気のラインをランキング形式でご紹介したいと思います!

 

 

5位

アルビ

こちらのラインはフランスに実在する「アルビ」という町の名前にちなんで名付けられました。

実際に町にあるゴッシク様式のカテドラルをモデルにデザインされたものだそうです !

そのカテドラルの外観写真がこちら↓

アルビ カテドラル

たしかに、持ち手の部分のふちに施されたシンプルな装飾が、

カテドラルの外観と似た雰囲気になっていますよね♪

 

アルビ_1

シンプルなデザインなので、どんなデザインの食器ともよく合うことのできるカトラリーに仕上がっていると思います。

アルビ_2

 

 

 

4位

アリア

「アリア」は縦に3つのラインが伸び、それを縛るようなデザインで2本のラインが持ち手部分の両端に添えられています。

このデザインはローマ時代建物の円柱をイメージしたものだそうです(*’ェ’*)

円柱

絵画でもよくみられる荘厳なイメージの柱ですね。

ふち部分だけでなく持ち手全体にデザインされているのも特徴的ですが、

他のモデルでは植物などをもとにして装飾されているところ、これは幾何学的デザインになっておりますので、現代的なデザインの食器やテーブルセットとも合わせやすのではないでしょうか?

高級感が漂わせながらもシンプルなデザインでまとめられていますので、どんなテーブルセットにも合いますね!

aria_1

aria_2

 

 

3位

マルメゾン

「マルメゾン」はふちのライン一体に椰子の葉、そして持ち手の付け根部分には蓮の葉が模様の装飾となっています。

これはフランスで長く政権を担ってきたエンパイア様式として確立したもので、かのナポレオン王朝もこのモデルをとても気に入って愛用していたそうですよ。

クリストフルが150年以上の歴史をもつ老舗ブランドであるということがよく伝わってくるラインですね〜

マルメゾン_1

マルメゾン_2

 

 

2位

マルリー

「マルリー」も植物からイメージされる装飾のデザインが施されています。

ライン名はフランスのマルリー城から名付けられています。

marlycastle

とても美しいお城ですね!

外壁のいたる部分に見られる装飾が、なんだか「マルリー」に描かれている模様とそっくりではありませんか?

マルリーのカトラリーでフランスのお城で晩餐を楽しんでいるかのような雰囲気を是非味わってみてくださいね。

 

1700年代にデザインされ、現在に至るまで同じデザインが踏襲されている、由緒あるモデルですよ♪

植物と花の模様が華やかで、食事を明るく演出してくれそうなカトラリーに仕上げられていますね!

マルリー_1

マルリー_2

 

 

1位

ジャルダンエデン

「ジャルダンエデン」ラインは下の写真のように、表面全体に植物、花、ツタなどの庭園をモチーフにした柄の装飾で覆われた、見た目も豪華なデザインのカトラリーです!

マーセルワンダースという名のオランダデザイナーが手がけたラインです。

植物モチーフの柄にも、ヨーロッパの神話の意味が隠されているそうですよ。

とってもおしゃれで、口の中に入れるのがなんだかもったいないですね〜(・ω・`)

ジャルダン_1

写真のような複雑な模様をもつ食器ともよく合うカトラリーなのではないでしょうか?

このようにナイフの刃の部分、スプーンの裏側まで装飾がされているなんてとても凝ってますよね。

職人技を感じられるラインとなっています!

ジャルダン_2

 

 

 

さて、以上でクリストフル スターリングシルバーの代表モデルを5つ紹介させていただきましたが、

何か心に留まるデザインのものはありましたでしょうか??

 

ステンレス、シルバープレートに比べて高価なスターリングシルバーではありますが、

 

ステンレスベースの他の二つでは味わうことのできない高級感や優越感を感じることができますよ!

 

紹介させていただいた通り、スターリングシルバーだけでもこんなにたくさんの種類があります。

 

どれにすればいいのか?迷ってしまいますよね。

でも、そんな迷う時間もきっと豊かなものとなるはずですよ♪

 

是非、どのデザインが自分好みか時間をかけて吟味してみてください!

 

 


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント


\ SNSでシェアしよう! /

古き旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古き旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ab0316ce

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロンジンの素晴らしきムーブメント

  • ビーナスの素晴らしきムーブメント

  • ジョージ・ジェンセンの素晴らしき歴代カトラリーとそのモデルのデザイナーたち

  • シルバー製品のデザイナー ジョージジェンセンの素晴らしきブローチ

関連記事

  • クリストフルで優雅なブランチタイムを♪シルバータイムコレクションのご紹介

  • クリストフルで魅せる最強コーディネート術ミントン、マイセン等のヨーロッパブランド

  • フランスの高級シルバーブランド!クリストフルのブックマーカー(しおり)のご紹介

  • フランスの高級シルバーカトラリー クリストフルの国外工場(1910~1940)の猫マーク

  • フランスのシルバーカトラリークリストフルのモデル一覧

  • 気品・伝統溢れるフレンチ純銀製テーブルウェアのご紹介