シルバーポット世界中の最高傑作ブランド20選!!


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

アンティーク食器専門通販取扱店

アンティークシルバーポット店長の加寿美です(*^^*)

 

こんにちは!

本日はブランド別にシルバーポットを紹介していきたいと思います♪

聞き馴染みのあるものからこれまで知らなかった!というものまでいろいろあると思いますが、ぜひぜひ参考になさって自身のお気に入り探してみてくださいね✨

1.Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)

mappin webb

mappin webb1

マッピン&ウェッブは1775年に創業されたイギリス🇬🇧の老舗シルバー工房です。

時の流行に左右されない普遍的なデザインで、240年以上の伝統と歴史を今なお守っています✨

 

のちにイギリス製シルバーの貿易の中核を占めるものになっていきます。

 

 

工房はイギリスのシェフィールドにありましたが、最初の店舗はロンドンのオックスフォード通りに1860年にオープンしました。

大英帝国が成長するのに合わせて、世界中に販路を拡大していきました。

 

 

フランスのマリー・アントワネットや、ウィストン・チャーチル、チャールズ・ディケンズなど歴史に名を残した人々に愛されてきました💕

世界中の王室御用達のブランドとなっています✨

 

現在ではリージェント通りやオールド・ボンド通りにブティックが構えられています。

 

残念ながら日本の直営店舗はないようなのですが、皆さまにお届けできるよう私たちも頑張りますのでご安心を(^^)

 

 

彫刻など模様が施されているポットではなく、華やかな雰囲気は持っていませんがその分シンプルで上品な仕上がりです。

また、フォルムが特徴的でシンプルながら存在感のあるポットとなっています✨

 

 

フタの部分が教会の尖頭を彷彿とさせるようなデザインとなっています。

高さ:約23㎝

 

 

2.Elkington(エルキントン)

Elkington

Elkington1

エルキントン社は、エルキントン家によって設立されました。

 

エルキントンは当初金属加工についての電気の応用について研究しており、

その技術に関する特許を取得しました。

 

その優れた技術が後々美しいシルバープレートの作品を数多く生み出すこととなりました✨

 

エルキントンの最大の功績はエレクトロプレートの技術を完成させたことにあるのです。

 

 

このシルバーポットはその一例なのです(^^)

 

エレクトロプレートという方法で作られたシルバーウェアは、今までのものより安価で、

ディティールにこだわった銀メッキが可能であるため仕上がりがより美しく長持ちするものでした✨

 

 

 

この技術を発表した当時はあまり評判が良くなかったそうで、

1851年に行われたロンドン万国博覧会でもさほど注目されずに終わったそうです💦

 

 

しかし、次第にエレクトロプレートの人気は高まり先行技術を圧倒するようになりました。

今回紹介するビクトリアン ティーポットは約1900年に製作されたものとなります。

 

 

カーテンのひだのようなデザインがポットの本体部分に施されたティーポットです。

 

よこに広い楕円形のかたちにデザインがよくフェットしていますね♪

 

 

確かに、今まで紹介してきたポットと比べるとカクカクとしたデザインが

モダンさを感じさせるかもしれませんね。

 

高さ:約16㎝
幅:約27㎝

 

 

3.Christofle(クリストフル)

s-l500 (1) s-l500 (2) s-l500 (3)

日本でも高島屋や伊勢丹など有名デパートで取り扱いがあり、こちらのブログでもちょくちょく取り上げさせていただいている言わずと知れた有名ブランドです(^^)

 

東京・青山にブティックも構えています。

 

1830年に当時宝石商だったシャルル・クリストフルによってフランス🇫🇷で創業されました。

かつてのフランス王だったルイ・フィリップから王室御用達の認定も受けているのです!

 

 

またクリストフルのカトラリーは特に有名で、マキシムドパリなどのフランスの有名レストランでも

使われており、世界中のシェフたちから熱い支持を得ています💕

 

その支持は、卓上の芸術品と呼ばれるほど美しい仕上がりに由来しています。

その品質はアンドレ・プットマンなど高名なデザイナーやアーティストによって裏打ちされたものなのです。

今回紹介するのはシルバーポットです。

 

クラシカルなデザインながら、フタの部分に星のくりぬきがされておりポップな一品となっています✨

 

高さが約30㎝もあり高さもそこそこある上にシルバーなので結構な重量感があるとおもいますが、

木製の取っ手部分はしっかりしてますので信頼できる一品です。

 

 

ポットの底にはホールマークがきちんとついていますのでご安心を♪

高さ:約28㎝

 

4.TIFFANY(ティファニー)

TIFFANY

TIFFANY1

あまりブランドに詳しくない人でも必ずといっていいほど知っているティファニーを紹介いたします。

 

ティファニーは1837年にアメリカ🇺🇸 で創業され、伝統があるブランドです❗

 

チャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングによって設立されており、ティファニーの名は

創業者の一人から取られているわけですね。

 

東京やロンドン、ローマなど世界中の大都市にブティックを構えています。

 

アクセサリーやジュエリーのイメージが強いかもしれませんが、そのラインナップや

価格帯は意外なほど幅広く、赤ちゃんや少女をターゲットとしたギフト商品の取り扱いなどもあります。

食器もその幅広いラインナップの一つであり、その中からシルバーティーポットを紹介いたします。

 

曲線美が際立つシンプルなデザインのクラシカルなポットです✨

 

ポットの本体のみならず持ち手の部分も優雅な曲線を描いており、フォルムがとても美しいですね💕

 

注ぎ口も白鳥の首を連想させるような細くしなやかな仕上がりになっています。

 

フタ部分はヒンジで取り付けられているのでなくなってしまう心配がありません。

 

ポットの底にはティファニー製であることを示すホールマークが刻まれています✨

 

高さ:約22㎝
幅:約20㎝

 

 

5.George Jensen(ジョージ・ジェンセン)

s-l500 (4)

s-l500 (5) s-l500 (6) s-l500 (7)

デンマークのコペンハーゲンで、ゲオルグ・イェンセンによって1904年に設立されました。

 

コペンハーゲンには私も行ったことがありますが、風光明媚な都市でジョージ・ジェンセン以外にもロ

イヤル・コペンハーゲンなど世界的に有名な食器ブランドがいくつかあるので訪れてみると楽しいと思います♪

 

日本にもいくつか支店があり、第一号店は帝国ホテルが竣工したインペリアル・プラザに構えられました。

 

ジュエリーなどで有名ですが、商品のラインナップが幅広く展開されておりシルバーウェアにも定評があります💕

 

今回はそんなジョージ・ジェンセンのコーヒーポットをここで紹介いたします。

アール・ヌーヴォー調の特徴がよく表れているブロッサムコーヒーポットです。

 

マグノリアという花のつぼみをイメージしたポットになっています。

 

足の部分はカエルの足をイメージしたものとなっています👀

つぼみにカエルの足とはなんともユニークな発想ですね!

 

このつぼみやカエルは日本芸術からインスピレーションを得たものだそうで、

日本美術ではつぼみは5月の象徴、カエルは幸運の象徴であるそうです✨

 

1925-1935年ごろに製作されました。

 

デザイン自体は1905年に初めて世に出て、今では最も人気なデザインの一つとなっています✨

 

高さ:約18㎝
幅:約12㎝

 

6.カルディヤック

ティー/コーヒーポット

karudi

karudi1

karudi2
カルディヤックは日本ではあまり有名でなく、出回っているシルバー製品もそんなに多くはないのですが

フランス🇫🇷ではとても人気のある工房で、フランス国内では三大メーカーのひとつに数えられます✨

 

あとに紹介するピュイフォルカ以上の評価がなされることもあります!

 

カルディヤックのデザインはアール・ヌーヴォーに大きく影響を受けたものが多く、そのどれもがユニークです💕

こちらはナポレオンが活躍していたフランス帝国時代のデザインの影響が色濃く見られます。

 

1802年、カルディヤックが自身の工房をパリに構えます。

 

19世紀の間、様々な展覧会、博覧会で栄誉ある賞を受賞するなどして実績を積んでいきました。

それによってフランスのオルフェーブル(仏語で金細工師の意味)の中で確固たる地位を築きました💕

 

1951年までその工房で製作が続けられていましたが、クリストフルに吸収され今の形となっています。

 

写真を通してのみだとなかなか伝わりにくいですが、ライン生産品でない一つ一つの商品を

丹精込めて作るカルディヤックのディテイールへのこだわりが美しいフォルムを体現しています🌟

高さ:約25㎝

 

シュガーポット

karudipot

karudipot1

karudipot2
こちらはマルメゾンをモデルとしたミネルバのシュガーポットになります。

シュガーポットなのですが、ジャムやマスタードなどの調味料などを保存しておくのにもぴったりなポットですね。

アイデア次第でキッチンを便利に、かつ華やかにしてくれます✨

 

ただし、シルバーなので気づいたときでいいのでお手入れは抜かりなくすることも大事です。

 

特にこのような何かを保存するポットはそのまましまっておきがちですが、

ポットの状態は不定期でもいいので気にかけてあげるとよいですね👀

 

写真で見るとこぢんまりとした感じのデザインの印象もあるのか小さめに

見えますが17㎝ほどあるのでそこそこの存在感があります。

 

そこそこの存在感があるポットなので容量も大きいです❗

 

フタの取っ手のところは植物の芽を連想させるデザインで、繊細な彫刻がほどこされています。

かわいらしい持ち手がついており、重量のあるシルバーポットを運ぶのに適しています。

 

カルディヤックの作品はどれも曲線がとても美しいです💕

底にはカルディヤックのホールマークが刻印されています。

 

カルディヤック、フランス製であることを証明するものです。

状態も良く、オススメの一品です✨

高さ:約17㎝

ミルクポット

milk

milk1

milk2
先ほどのシュガーポットとは逆に、写真で見ると大きく見えますがシュガーポットより2.5㎝ほど小さいミルクポットです💕

カフェ・ラテをいただくときに大活躍してくれそうです。

 

コーヒーにこのミルクポットでミルクを注げばどんなカフェにも

負けない品のある落ち着いた空間が演出できちゃいます(^^)

 

ちなみにラテ、というのはフランス語でミルク入りのという意味なのですが皆さんは知っていましたか?

 

あでやかな曲線を描いている持ち手部分は熱が伝わらないように銀とは違う材質が使われています。

 

そのつなぎ目部分に花をイメージさせる飾りがついており

そのディテールのすばらしさに匠のこだわりが垣間見えます✨

 

ミルクポットの底面にはカルディヤックであることを示すホールマークが刻印されています。

 

このひし形のホールマークはフランス国内の工房で使われるもので、カルディヤックであることの証なのです。

 

ホールマークが刻印される位置は製品ごとにほぼ決まっています。

ポットの場合は底面が定位置のようですね。

 

ちなみにシルバープレートの場合は四角型のホールマークが

使用されることが多いので、銀製なのか、めっき加工なのかどうか見分ける一つの指針になりそうです👀

高さ:約14.5㎝

 

7.ピュイフォルカ
ロココスタイルのコーヒーポット

gorpui gorpui1

次に紹介しますのは、ピュイフォルカのロココスタイルのコーヒーポットです。

もともとコーヒーを淹れるために作られたポットではありますが、ティーポットとしてもお使いになれます💕

三脚の足がついており、熱いものを淹れたときにも熱い底面がテーブルに直接触れてしまう心配がありません。

持ち手の部分には淹れやすいように親指を置くようなスペースが設けられています。

 

 

ピュイフォルカは、カルディヤックなどと同様にフランスを代表するシルバーメーカーブランドの一つで、ゴージャスながら実用性を兼ねた職人の技巧が随所にみられる品々はとても高い評価を受けています(^^)

大統領官邸のエリゼ宮の晩餐会などでも使われたりします。

 

 

19世紀のベル・エポックの時代のゴージャスなロココスタイルでデザインされた一品になります。

1820年、エミール・ピュイフォルカがパリのマレー地区にて工房を設立したのが始まりです。

創業から高い技術を磨き続け、名声を獲得していきました✨

 

現在はエルメスグループの一員となっているようです。

銀の純度は95%です。

フランスで高い銀純度を示すファーストミネルヴァの刻印がなされています。

高さ:約26㎝
幅:約22㎝
重さ:600g

 

 

シンプルなコーヒーポット

puisim puisim1

こちらは、さきほどのロココ調とはまた一線を画したアールデコ調のコーヒーポットになります。

アール・ヌーヴォーの時代に続き、20世紀初めごろに流行したスタイルです。

幾何学的な模様が特徴となっていますが、そのデザインは多様です。
建築によく使われた美術様式で、アメリカのクライスラー・ビルディング

などは有名なアールデコ建築の一つとされています。

持ち手の材質はローズウッド、バラの木です🌹

重く硬いため加工が難しい材質ですが、耐久性に優れています✨

 

 

注ぎ口が本体部分とぴったりくっついた独特のデザインが目を引きます。

 

また、持ち手の部分には渦巻き型の装飾もなされていて、全体に統一感が感じられますね💕

 

フタはヒンジで本体とつながっており、つまみが木製なので熱が伝わる心配がないので安心して使えます。

 

大量生産の時代に生まれたアールデコ調なだけあって、現代的なデザインという印象を受けます。

底面には、EとPという文字が四角のなかにあるピンナイフを囲っているようなホールマークが見られます。

また、1(ファースト)と刻印されています。

高さ:約22㎝

8.Risler & Carre(リスレ・アンド・カレー)
コーヒー/ティーポット

pui

pui1
最後にRisler & Carreのエレガントなコーヒー/ティーポットのご紹介です。

フランスのシルバーメーカーブランドといえばピュイフォルカやオディオがよく知られていますが、

Risler & Carreもとても評価が高いブランドの一つです。

 

日本国内では見かけること自体もあまりないのではないでしょうか?

 

希少価値の高い一品です💕

1897-1912年製であることを示すホールマークが刻印されています。

持ち手の部分の付け根に貝を模したシルバーの装飾がなされており

品のある高級感あふれるポットとなっています。

 

 

銀の純度は95%です。

 

純度は1000分率で表されますので、こちらのポットの場合は950/1000となります。

 

シルバーとても柔らかい金属のため、シルバーのみだと加工や装飾がとても難しいのです💦

 

そのために違う金属を少しだけ混ぜて、実際の使用に耐えうるものにしているのです✨

 

92%のものでも純銀と言われることがあるので、気になる方はシルバーの純度に注目してみましょう!👀

 

シルバーの純度が高いため、なかなかしっかりした重量感はありますが、

職人の手によって丁寧に作られた一品になりますので安定感は抜群です。

下記を見てもらえばわかるように、幅と高さがあまり変わらない印象です。

 

高さ:約22㎝
幅:約22㎝
重さ:約900g

 

9.ゴーハム(Gorham)

s-l1600 (3) s-l1600 (4) s-l1600 (5) s-l1600
ゴーハムは、1831年にアメリカのロードアイランド州で設立された、
アメリカ最大級のシルバー・カッパーのブランドです!

アメリカ合衆国とのつながりも強く、ホワイトハウスでは、ゴーハムのカトラリーが使用されていました。
そして、国会議事堂のワシントン像に代表される、歴代の大統領の銅像を製造したりと、
ヨーロッパのブランドが王室御用達であるように、ゴーハムはアメリカ政府御用達ブランドなのです。

このシルバーポットも質実剛健なイメージを醸しだしています。
デミタス(今はエスプレッソっといった方がポピュラーですね)用のポットなので、
高さは約16㎝(重さは366g)と、やや小ぶりのポットですが、存在感は充分!

魚のウロコのような手打ちの技も匠のデザインといえますね。
取っ手のところに二つ付いている象牙のリングがアクセントになっています。

s-l1600 (6) s-l1600 (7) s-l1600 (8) s-l1600 (9)
こちらのポットは1915年のデイトマークがついた、スターリングシルバーです。
容量は小ぶりに見えますが約825mlです。

さすが、20世紀に入ってから作られた作品らしいのは、
持ち手の切り返しがシャープなところや、帽子のような形のふたの取っ手でしょうか。
個人的には、普段使いしやすいこちらのタイプが好きです。(^^)
 

10. インターナショナルシルバーカンパニー(International Silver Company)

s-l1600 (5) s-l1600 (6) s-l1600 (7) s-l1600 (8) s-l1600 (9) s-l1600 (10)

1898年にニュージャージーにできたこの会社は、史上最大規模のシルバーメーカーです。
それもそのはず、現代のアメリカ企業では当たり前になっている、何十もの合併と買収を繰り返して大きくなってきたからです。

今は『ライフタイムブランズ(Lifetime Brands)』の一部門に縮小されましたが、シルバーメーカーを語る上ではずすことのできない会社の一つです。

このインターナショナルシルバーカンパニーを語る時、重要なのがその多様性です!たくさんの企業を抱え込んだため、デ
ザインや製造方法にも様々な手法を取り入れて、一般家庭向けのものから、政府機関であるアメリカ海軍の納入品まで幅広く手がけていました。

そして、カトラリー類の20年間の無償交換保証は、この会社の製品への自信を表すものでしょう。
たとえば、この『Vintage Silvet Mini Teapot Set Creamer Sugar Bowl』などは、4点セットであるにもかかわらず、
値段もリーズナブルで、持ち手と注ぎ口の統一感あるデザインも魅力の一つです。
またミニポットの安定をよくするために四ツ足なのは、アメリカ海軍の船上のレストランで使われたものかもしれませんね。

11.カーク・シュタイフ(Kirk Stieff)

カーク・シュタイフはすでに1979年に幕を閉じた会社ですが、今でもその製品は人気があります。
元は『The Stieff Co.』の経営者だったチャールズ・シュタイフが、同じボルチモアにあった 『Kirk and Son』を傘下にして誕生しました。
お互いライバル企業だったにもかかわらず、シュタイフが『Kirk and Son』の製品に惚れこみ、経営難のカークを救いました。

シュタイフが自分の会社の生産ラインを止めてまで、カークの製品を残して、社名まで『Kirk Stieff』に変えてしまったのです。
ローズのパターンは特に有名で、美しい装飾は当時の富豪や高級ホテルでも愛用されていたそうです。

ここでは、そのローズの装飾が施されたティーポットをご紹介しましょう。ローズだけでなく花々がたくさん散りばめられ、持ち手が角ばっているところも、とてもユニークです。

s-l1600 (5)
それから、ミュージアムピースにもなりえるコーヒーポットセット『Kirk Stieff Williamsburg 3 Piece Set』もご覧いただきましょう。
s-l1600
s-l1600 (1) s-l1600 (2) s-l1600 (3)
s-l1600 (2)
それぞれ下記の大きさです。
Coffee Pot (8″) – 1089 grams
Creamer – 218 grams
Sugar w/ Lid – 222 grams

現在でもたくさんのコレクターがいて、高額で取引されるカークシュタイフですが、
日本ではまだまだ知名度が低いのが現実です。
この機会にぜひ他の製品も検索してみてくださいね。

12.ラント・シルバースミス(Lunt Silversmiths)

s-l1600 (4)  s-l1600 (6) s-l1600 (7) s-l1600 (8) s-l1600 (9)

 
ラント・シルバースミスはその名のとおり、細かい現代的なシルバー加工が得意なメーカーで、
20世紀になってからの設立(1902年)で比較的新しい会社でしたが、2009年に経営の幕を下ろしました。

しかし、閉鎖後もなかなか奇特な運命を辿ったメーカーなのです。
2009年に破産によりライバル会社の『リード&バートン(Reed and Barton)』に経営権が移ったのち、
2015年にはその会社もレノックスに買収されました。
施設や工場も様々な企業に分割買収されたので、今残っているメーカーの生産ラインでもあまり見ることはできなくなりました。
(レノックス傘下の一生産ラインを残すのみです)
でも、経営と製品の質は比例するわけではありません!

その理由は、過去にラント・シルバースミスはアメリカ政府公認のメーカーでしたし、
世界各地のアメリカ領事館の調度品としても広く使われていました。
たとえば、このシルバーポット6ピースセットの装飾もシンプルながら
細部にまで非常にこだわった細工がされています。

 

13.リード&バートン(Reed & Barton)

s-l1600 (10) s-l1600 (11) s-l1600 (12) s-l1600 (13) s-l1600 (14)

 
では、ラントを買収した『リード&バートン』の歴史もおさらいしておきましょう。
なんと、設立は南北戦争が始まる約40年前の1824年に遡ります。

当時は類をみない良質な武器メーカーとして、北軍の勝利に大いに貢献したのです。

近年では1996年のアトランタオリンピックのメダルデザインを担当しました。
ホワイトハウスの調度品の担当もしたことがあり、由緒あるメーカーとして君臨していましたが、
前述したように2015年レノックスの傘下に入りました。

しかし、リード&バートンの名前は強い知名度をもっており、傘下に入ったとはいうものの、
レノックスの半独立部門として今も活躍しています!
写真のシルバーポットの装飾デザインも伝統的で重厚感のあるフォルム。
つまりリード&バートンは、21世紀に入ってからの最先端のトレンドから、
南北戦争以後の古きよきアンティークデザインを手がけた、アメリカ有数のブランドと言えるでしょう!
 

14.オナイダ・リミテッド(Oneida Limited)

s-l1600 (15) s-l1600 (16) s-l1600 (17) s-l1600 (18) s-l1600 (19)
アメリカの食器メーカーを代表する『オナイダ・リミテッド』。ニューヨーク州オナイダ郡にある
世界最大規模の食器メーカーですが、この会社は設立の経緯がとても珍しい会社なのです。

1848年にオナイダ郡に住むジョン・ハンフリー・ノイズによって創設されたキリスト教系の
「コミュニティ(宗教共同体)」だったので、当時300人を超える人員が参加していました。
また、彼らの思想は大勢の人々に影響を与えたといわれています。

銀食器は、そのコミュニティ時代の1881年から生産が始まり、戦時中は丈夫な食器や、
ガス缶、戦闘用のナイフなどを軍隊向けに製造。その功績はアメリカ全土で知られるようになったのです。

高品質のものは値段も高額になりがちですが、オナイダの製品はファミリーレストランや
普段使いの食器として広く一般家庭でも使われていることからもわかるように、
価格も良心的なんです!だからといって、チープなつくりなわけではありませんよ(^ ^)
デザインはヨーロッパの装飾の流れを受けて、しかも、現代の生活に
マッチしている製品が多く市場にも出ています。

15.トール(Towle)

s-l1600 (20) s-l1600 (21) s-l1600 (22) s-l1600 (23)

この会社の成立は1850年代ですが、歴史を遡ること1630年代。シルバースミスを生業としていた
トール創業者のモールトン一族がアメリカに上陸したのが1630年代というわけで、
アメリカ最古の、というより、アメリカ国家より古い歴史のあるシルバーブランドなわけですね。
総合企業の『ライフタイムブランズ(Lifetime Brands)』が、2006年に大規模なシルバー関連企業のM&Aをしたことで、
トールも同社の傘下となりましたが、トールとしての人気は今でも根強く、現在でも生産ラインは23も稼働しています。
さすが、アメリカ最古のシルバースミス!こちらの三点セットは、
ホールマーク付きのミュージアムピースです。「ホールマーク」は銀の質を保証する、
アンティーク好きには、鑑定の際の基準になる、正に神の恩恵とも言えるくらいありがたいものなんです。
 

16.ウォーレス(Wallace)

s-l1600 (1) s-l1600 (24) s-l1600 (25) s-l1600 (26)

ロバート・ウォーレスというスコットランド系移民の銀職人によって創業された、
ウォーレスはアメリカで初めて、ニッケルシルバーといわれる「ドイツ銀」を独自に生産してカトラリーを作ったメーカーなんです!
ニッケルシルバーは、私たちにもおなじみの五百円玉の素材ですね。
では、なぜ、ニッケルシルバーなのか?
これはアメリカンドリームを実現させたロバートの努力の物語なんです。
スコットランド系移民の銀職人だった彼は、ニューヨークで初めて出会った新しい素材
(つまりニッケルシルバーですね)の”強度”に感動して、様々な人から製造方法やレシピを集めて研究開発をしました。

そして、この努力がウォーレス社の成功に結びついたというわけです。

そして、息子の代になっても成長を続け、世界最大級のフラットウェアメーカーとしての地位を築きました。
その後、何度か買収されていた同社は、現在『ライフタイムブランズ(Lifetime Brands)』で
前出のトール社と同じ時期に買収されました。しかし、そのブランド力のおかけで、今も名前が残っているというわけです。
ちなみに『ライフタイムブランズ(Lifetime Brands)』は様々なジャンルのブランドを
統合して管理している企業で、多くのアンティークブランドが傘下にあります。

下のコーヒーポットも高さが約30cmで、質感もウォーレスの代名詞と言えるニッケルシルバーを用いた製品。

シルバーより硬いのに、醸し出す色が温かみを感じさせてくれますね。

 

17.ホワイティング(Whiting)

s-l1600

 s-l1600 (2) s-l1600 (3) s-l1600 (4)

 
マサチューセッツ州アトルボロに1866年に建てられたホワイティングは、
工場の火事があったため、拠点がニューヨークに移りましたが、1905年まで続きました。

ゴーハムに1905年に買収されるまで、有名ブランドを相手に奮闘していました。

1926年まではホワイティングの名前で生産されていました。当時ヨーロッパで勃興していた
「ジャポニズム」の影響で、日本風の装飾を施した食器類は目を引きます。

ホワイティングの設立当時は、日本が鎖国を解いて明治時代になったころ。
印象派のゴッホの絵に代表されるようにヨーロッパで日本ブームが起きていたのです。

アメリカの有名ブランドを相手に奮闘していたホワイティングは、
このヨーロッパのジャポニズムブームの流れを食器を通してアメリカに紹介し、
他のライバル会社との差別化を図ったわけですね。どのデザインも、
私たち日本人が逆輸入して使いたくなるアンティークです!
ご覧のデミタスポットも、細かい装飾が日本の浮世絵の装飾を連想させますね。

 

 

18.ヴァーエムエフ(WMF)

s-l1600 (1) s-l1600 (2) s-l1600 (3) s-l1600 (4)

所変わって、ドイツのテーブルウェアメーカーもご紹介しましょう。
ヴァーエムエフ(WMF)は、1853年にドイツ南部のガイスリンゲンを拠点に創業しました。

合併と買収を繰り返し、約50年後の1900年には世界最大の家庭金属器製造業者、輸出入業者として一躍有名になりました(^^)
このころのドイツの歴史を振り返ればわかるように、ナチスが党をブランド化するために、芸術に力を入れた時代です。
かの有名なデザイン学校バウハウスの本拠地も同じ場所にあったことなどから、
芸術的なデザインが日本の何倍より先に進んでいたわけです。
WMFのナイフは特に有名で、高品質のナイフは各地のレストランや軍隊でも採用されていました。

今では世界に名を轟かせるドイツのデザイナーズテーブルウェアとして、
ヨーロッパ、アメリカはもちろん、おとなり中国でも人気が出始めています。
こちらのポットも、ドイツらしい洗練された無駄のないデザインが伝わってきます。

19. Henin&Cie(ヘニン・シエ)

s-l1600 (5) s-l1600 (6) s-l1600 (7) s-l1600 (8)

 
最後のご紹介はフランスの有名なカトラリーブランドの一つであるHenin&Cieです。
1861年から続く伝統ある工房であるヘニン(Henin)は、パリのアルシーヴ街33番地に店がありました。
当初、Henin&Vivierと名乗っていましたが、Henin&Frer、Henin&Fils、Henin&Cieと何度か名前を変えています。
どの名前の時代においても、趣向を凝らした装飾は目を見張るほど!素晴らしいシルバー食器を作り続けてきました。
Henin&Cieはアールヌーボー時代、パリを代表する工房のひとつだったのです。
写真のポットの注ぎ口には鳥のくちばしが装飾されており、底の部分にはHenin&Cieの
ホールマークであるH&Cの刻印がなされています。観賞用としてはもってこいのシリーズです。

 

:::::::::::::::::::::::::::
【アンティーク食器専門ショップ  博多マイセン】
安心の交換・返品保証サービスを承ります♪
「今年こそ、アンティーク食器を購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜」

こんな不安って皆さんにもあると思うんです。
私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

貴方のそんな気持ちとっても分かります

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント