クリストフルの素晴らしきカトラリー✨


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

クリストフル専門通販取扱店

クリストフルショップ店長の加寿美です(*^^*)

 

 

 

 

 

憧れの高級カトラリー✨

いつかは揃えてみたいけど、どのように選んだら失敗しない?

 

 

 

 

今日はクリストフルを例に揃えて良かった💕と実感いただける、ご提案をしたいと思います。

 

 

 

IMG_1401

 

 

 

 

皆さんはどんな時に、高級なカトラリーが手元にあったら…と思われますか?

 

 

 

 

ゲストをおもてなしするとき?

お嫁入り道具のひとつとして?

密やかなコレクションをしてみたい?

ご夫婦や家族の記念日の食卓を演出するとき?

日常の自分のための至福のひと時のため?

 

 

 

 

などなど…たくさん並べてしまいましたが、いかがでしょうか?

当てはまるシーンはございましたか?

 

 

 

 

何事にも目的は大切ですね(^O^)

でも、堅苦しく考えずに直感でイメージしてみてください。

 

 

 

 

目的はひとつではないかも知れませんね。

 

 

 

 

そして、もう一つ

 

 

 

 

どんなシリーズがお好きですか?

どんなシリーズがあるのかしら…

 

 

 

 

知ることは大切ですね。

 

 

 

 

現行のモデルならカタログやインターネットで情報を集めるのも簡単です。

 

 

 

 

IMG_1405

 

 

 

 

でも、調べ始めるとなぜか気になるモデルが廃盤…なんてことも。

 

 

 

 

思いきってアンティークをコレクションする?という選択肢も…。

 

 

 

 

さて、シリーズ選びはいったん脇に置き、まずは、シーンごとにどんなカトラリーがあると役に立つ⁉️というお話を^^

 

 

 

 

おもてなしのシーンでのセッティングを考えてみましょう。

 

 

 

 

例えば、友人夫妻を自宅にお招きしてのランチタイム。

 

 

 

 

前菜はサラダやカルパッチョをセルフサービスで取り分けていただく。

 

 

 

 

なんてときに、サービングスプーンやフォークがあると素敵ですが、これは上級者向け☝️

 

 

 

 

意外と見落としがちなのが、ナイフレストです。

お箸なら、箸置き。といったところです。

 

 

 

 

ホテルや高級レストランでのお食事なら前菜、魚料理、肉料理と…食べ進んで行くごとにカトラリーはセッティングから減って行きますがご家庭では、なかなかそうは行きません。

 

 

 

 

そこで、お客様も気持ちよくカトラリーを使い分けていただけるよう、ナイフレストは必需品です。

 

 

 

 

IMG_1406

 

 

 

 

シリーズに合わせてそろえるも良し、万能選手のナイフレスト「ブール」などもお勧めです。

 

 

 

 

ナイフレストには、

① テーブルフォーク(20センチ程)

② テーブルナイフ(24センチ程)

③ テーブルスプーン(20センチ程)

がセッティングされているとどんなお料理でも対応できますね。

 

 

 

IMG_1408

 

 

 

もちろん、最初からお料理に不要なカトラリーはセットはいたしませんが。

 

 

 

 

本来、前菜用にはサラダフォーク(17センチ程)が適していますが、まずは上記の3点を6名分ずつ揃えられることをおすすめいたします☺️

 

 

 

 

テーブルナイフとテーブルフォークはお肉料理はもちろんですが、ご家庭でしたらわざわざフィッシュナイフでなくとも
お魚料理でもお使いいただいてもよろしいのではと思います。

 

 

 

 

その逆は絶対にNGです。

フィッシュナイフでお肉は切れませんからね。

 

 

 

 

ここでもう一つ、スタンダードサイズというものを耳にされたことのある方も多くいらっしゃると思います。

 

 

 

 

テーブルフォーク、テーブルナイフ、テーブルスプーンよりもひとまわり小さいサイズが存在いたします。

 

 

 

 

④ スタンダードフォーク(19センチ弱)

⑤ スタンダードナイフ(23センチ弱)

⑥ スタンダードスプーン(19センチ弱)

 

 

 

 

そうです、テーブルサイズかスタンダードサイズかを迷われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

両方は必要ないですから。。

 

 

 

 

ひとつの目安として、テーブルの大きさや食器のサイズ。

そして、ご自身の手にしたときの印象。も大切です。

 

 

 

 

大きなテーブルに少し小ぶりのスタンダードサイズは、ちょっとさみしく感じられるかもしれませんね。

また、その逆もしかり☺️

 

 

 

 

次におすすめなのは

⑦デザートフォーク(17センチ)

⑧デザートスプーン(17センチ)

です。

 

 

 

 

これらは、名前の通りデザートに適していますが、ご家庭ではランチタイムにもあると使い勝手がとっても良いです✨

 

 

 

 

ワンプレートにアボカドとポテトサラダにスモークサーモンなんて時にはテーブルフォークでは大げさですが、17センチ程のデザートフォークが活躍してくれそうです。

 

 

 

 

他にも、デザートスプーンは熱々のグラタンのような、頬張れないお料理にも小ぶりなサイズが優しく感じます☺️

 

 

 

 

せっかくのデザートフォークですが、デザートタイムにはご家庭では⑨ケーキフォーク(16センチ)のほうが使いやすいかもしれませんね。

 

 

 

 

1センチの違いが?と思われるやも知れませんがこのふたつはシルエットも異なり、特に日本の小ぶりなケーキにはケーキフォークの方がしっくりと馴染むようです。

 

 

 

 

フルーツにもケーキフォークはおすすめですよ。

 

 

 

 

さあ、ここでひとつご提案。

 

 

 

 

ご自宅でのおもてなしならではのカトラリーテクニックは、デザートとコーヒータイムは、お食事タイムとがらっとカトラリーの雰囲気を変えて見る☝️

 

 

 

 

すると、あらっ?と話題もはずむきっかけにも。

何より高級レストランやホテルでは真似できないおもてなしなのです。

 

 

 

 

例えば、ケーキフォークとコーヒースプーンだけは、お揃いのアンティークのカトラリーでサーブされたら思わず、笑みがこぼれてしまいそう。

 

 

 

 

IMG_1421

 

 

 

こんなふうにおもてなしを受けたら、アンティークに不慣れな方でもその魅力にあがなえない。。

なんてことにもなるかもしれませんね。

 

 

 

 

IMG_1425

 

 

 

 

ケーキフォークとコーヒースプーンだけをコレクションしていく、なんて方法もきっと素敵ですね!

 

 

 

 

さて、ここまではお料理とおもてなしにまつわる、カトラリーの使い勝手を中心に書き進めてきましたが、先ほど脇に置いたクリストフルのシリーズ選びに話を戻しますと、直感で好きを感じるも良し。

 

 

 

 

シリーズにまつわる歴史的な背景に想いをはせるなんてことも。。

 

 

 

 

「マルメゾン」はナポレオン皇妃ジョセフィーヌの居城、マルメゾン城をイメージしてデザインされたことは有名ですね。

 

 

 

 

将来的にラインナップを増やすべく定番モデルにこだわる。

あこがれのレストランのカトラリーを自宅使いしてみたい!

 

 

 

 

なんて願望を叶えることだってできちゃいます✨

 

 

 

 

カトラリーの世界ってなんて素敵なんでしょう♥️

 

 

 

 

使ってこその、カトラリー。

 

 

 

 

是非、自宅使いもおもてなし使いもたくさん、たくさん楽しみたいものですね☺️

 

 

 

 

 

 

【クリストフル専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 

 

「今年こそ、クリストフルの商品が欲しい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜💦う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)💦」

 

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです☝

 


私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ・・・

 

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

 

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀💕

 

 

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!!!

 

 

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます✨

 

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント



Comments are closed here.