どっちを選ぶ?ゾーリンゲンと日本ブランドのカトラリー


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

ゾーリンゲン専門通販取扱店

ゾーリンゲンショップ店長の加寿美です(*^^*)

 

 

 

 

 

今回は、ゾーリンゲンのカトラリーについてご紹介したいと思います。

 

 

 

ゾーリンゲンとは、中世の頃より刃物の街として発展してきた、ドイツの西側に位置する都市の名前です🏡

 

 

今も、数多くの歴史あるメーカーが存在し、非常に品質の高いハサミ✂︎や包丁🔪、カトラリー🍴を生み出しています。

 

 

 

こちらのブログでも、アンティークのゾーリンゲンカトラリーのご紹介をしていますが、新品として手に入れても価値のあるものばかりです💫

 

 

 

さて、ゾーリンゲンのカトラリーをご紹介するにあたって、せっかくなので日本のブランドと比較をしてみることにしました。

 

 

 

馴染みのある日本のブランドと比べることで、わかりやすく伝わればいいなと思います🙆

 

 

 

 

山崎金属工業

 

さて、私が持っている日本ブランドは「山崎金属工業」です。

 

 

新潟に本社のある、1918年創業のカトラリー&テーブルウェアメーカーさんです。

 

 

山崎金属工業さんは、1926年に初めてステンレスを海外から輸入し、日本の金属加工業界に変革をもたらしました✨

 

 

そんな山崎金属工業のカトラリーは、非常に丁寧に作られていて、高品質です。

 

 

安いカトラリーだと、製造工程はせいぜい10程度だそうですが、山崎金属工業では50以上の製造工程があります。

 

 

「山崎」というブランドを冠したシリーズを作り始めたのは1980年の事で、まだ歴史は浅いのですが、なんと1991年にはノーベル賞90周年記念晩餐会用のカトラリーの製造を依頼されています!

 

 

実は、この時初めて、スウェーデン以外のカトラリーメーカーが指名されたのだそう。

 

 

日本人としては誇らしいことです😚

 

 

さて、私が持っているカトラリーはこちらです⬇️

 

 

aqua

 

 

こちらは、Aquatique Ice(アクアティック・アイス)というシリーズです🍴

 

 

ブラスト仕上げという技法により、表面が曇りガラスのようになっているのが特徴です。

 

 

山崎金属工業のカトラリーには色々とシリーズがあり、こういったシンプルなラインのものから、ゴールドのアクセントのついたゴージャスなカトラリーまで様々です。

 

 

でも、このブランドのカトラリーは、シンプルな中にもスマートで優雅な美しさがあるのでとてもお気に入りです💕

 

 

こちらのカトラリーは18-8ステンレスを使用していて、食洗機に入れて洗うこともできます。

 

 

すらっと伸びた柄の先は、鏡面仕上げになっていてとても高級感があります。

 

 

また、ナイフには高炭素鋼が使われていて、とても切れ味が良く丈夫です💪

 

 

手に持った時の重さもちょうどよく、手の大きい方も、小さい方にもするりとフィットします♪

 

 

山崎金属工業では、このようなシンプルなデザインの他に、いくつか変わったデザインも出しています。

 

 

例えば、Gone Fishin’(ゴーンフィッシン)は、絵の部分が魚の形をしています🐟

 

 

gone-fishin__52200_zoom

 

 

また、フェラーリなどのデザインで有名な奥山清行氏とのコラボ商品KEN OKUYAMAも素敵です。

 

 

b_ken

 

 

まさに大人の遊び心💙 ですね。

 

 

 

 

Paul Wirths (ポール・ヴィルツ)

 

対して、ゾーリンゲンのカトラリーはPaul Wirths (ポール・ヴィルツ)をピックアップします!

 

 

ポール・ヴィルツは、1926年創業のゾーリンゲンのカトラリーメーカーです。

 

 

創業当時は、他の地元メーカーのための鉄製造を行っていましたが、1960年代に自身のブランドでのカトラリー製造を始めました🍴

 

 

元々の金属加工の技術を生かした高い品質のカトラリーは非常に高評価を得ているブランドです。

 

 

ソーリンゲンには、こういう町工場的なところから発展した企業や、家族経営のところも多く、とても親近感がわきますね👫

 

 

ポール・ヴィルツのカトラリーには、シルバープレートもありますが、ほとんどがステンレス製です。

 

 

素材は、18-10ステンレスを使用しています。

 

 

18-10のステンレス鋼というのは、よく使用される18-8よりもニッケル含量が高く、金属としては高価でさらに耐食性に優れているんです✨で

 

 

私が使っているのは、こちらのChippendaleというシリーズです。

 

 

Paul-Wirths-Chippendale--y400035_663x850_2_0_ffffff

 

 

柄のところのカッティングが特徴的です。

 

 

個人的には夏場の涼しげなお料理に合うかなー、なんて思いながら買いました💕

 

 

ポール・ヴィルツのナイフは、柄の部分が中空になっています。

 

 

そのため、持ちやすさは維持しつつも、重たすぎない、ちょうど良い重量感になってます。

 

 

女性の方は分かってもらえるかと思うんですが、ナイフが重たい時って意外とストレスになるんですよね😅

 

 

ポール・ヴィルツのナイフならそんな心配は無用です!

 

 

また、ナイフに十分な長さがあるのも嬉しいところです♪

 

 

切れ味ももちろん全く問題ありません🔪

 

 

スプーンやフォークも、安定感が高くてとても使い易いです。

 

 

ポール・ヴィルツのデザイン(特に最近発表されているシリーズ)は、余計な装飾が何もなく、どんな食事シーンにもぴったりなものばかりです。

 

 

例えば、SWING(スウィング)というシリーズは、すらっとしたシルエットがモダンなカトラリーです。

 

 

paul-wirths-swing-1200-besteckset-24-tlg

 

 

ちょっとアクセントが欲しい方には、ART(アート)というシリーズもいいですね。

 

 

17600501_47

 

 

柄が植物をモチーフにしてあるのですが、わかりますか?

 

 

あくまでシンプルに徹しているのですが、ワンポイントあるだけで存在感がぐっとアップします⤴️

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

毎日毎日使うカトラリーだけに、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね〜。

 

 

カトラリーを選ぶには、デザイン、使い心地、お値段、産地、いろいろと考えることがあって・・・

 

 

でも、時間をかければかけるだけ、納得いくものが選べるようになるはずです!

 

 

このブログが皆さんのカトラリー選びの手助けになれば嬉しいですし、何かあればいつでもご相談くださいね♪

 

 

 

 

 

【ゾーリンゲン専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 

 

「今年こそ、ゾーリンゲンのカトラリーを購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜💦う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)💦」

 

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです☝

 

 

私はこんな不安がありながらも、

でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ・・・

 

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

 

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀💕

 

 

そんな貴方にも

安心して楽しく

お買いものをしていただきたい!!!

 

 

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます✨

 

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント