名品の数々が生まれた場所!コールポートを訪問♪


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

コールポート(COALPORT)通販取扱店

コールポートショップ店長の加寿美です(*^^*)

 

 

コールポートといえば数々の美しい陶磁器を生み出した名窯です☝️✨

 

ただし、1926年以降は、買収に次ぐ買収で、

1986年以降はコールポートブランドのものはほとんど作られていません💦

それでも、今も多くのファンの方がコールポートの陶磁器を集めていらっしゃいます(^^)

 

今回、満を持して憧れのアンティーク陶磁器メーカー、

コールポートの生まれた土地を尋ねてみました!

 

その前に、コールポートの場所についてちょっと説明しますね♩

 

コールポートというのは、シュロップシャーというイングランドの自治体にある町の名前です☝️✨

ロンドンから北西に約240kmくらい行ったところにあります(*^^*)

セバーン川という川沿いに街が広がっていて、古き良きイギリスの街並みが残る、

のどか〜なところです💓

 

もしかしたら、アンティークに詳しくない方でも、

歴史に詳しい方なら、「アイアンブリッジ峡谷(Iron Bridge Gorge)」はご存知かもしれませんね✨

 

セバーン川が作った美しい峡谷で、ユネスコ世界遺産に登録されています☝️

実は、この辺りはイギリスの産業革命が始まった土地と言われていて、

歴史的にも非常に重要な意味を持ちます(^^)

 

その象徴となるのが、こちらのアイアンブリッジ‼️

スバリ、鉄の橋です☝️✨

iron bridge

コールポートの街は、このアイアンブリッジから約1.5km川下にあり、

古くは多くの産業で栄えていました(*^^*)

 

今はひなびた感じの街ですが、昔はすごく活気があったそうです✨

コールポートには、倉庫や工房、工場、そして労働者の住居などがたくさんあり、

今よりずっと人も多かったんですって👀‼️

 

さて、それでは本題のコールポートに戻ります☝️

コールポートは、ジャック・ローズという人が1795年に立ち上げました。

1795年.日本は11代将軍徳川家斉の時代です(^^)

 

まずは、コールポートが始まった場所に行ってみました👌✨

コールポートが最初に稼働していた工房は、実は今改装されて別のものになっています。

hostel1

さて、なんだと思いますか👀⁉️✨

 

実は、今はユースホステルに生まれ変わっているんです☝️

一人部屋で3800円くらい・・・イギリスで泊まるところとしては安いですね♩

今回は泊まりませんでしたが、内装はかなり綺麗になっているみたい👀💕

hostel2

ここには、カフェも併設されていて、誰でも入ることができますので、

一息つきたい時にはオススメです👌💓

 

さて、コールポートの工房は、この建物から始まりましたが、

そのあと別の場所に移ることになりました・・・💦

 

その場所こそ、最大の目的、コールポート・チャイナ・ミュージアムです☝️✨

ユースホステルのすぐ近くにあります(*^^*)

museum1

コールポートは、コールドン社によって1926年に買収されるまでここで製造していました☝️✨

そのあとスタッフォードシャーに移っています。

 

ここで数々の名品が生まれたかと思うとすごく感慨深いですね👀!museum2

レンガ造りのレトロな感じがたまらないです💕

 

この写真の奥に見える円錐状のものが、釜です☝️(再建されたもののようです。)

museum3

釜の中はこんな感じです(^^)✨

 

そして、ミュージアムですから、中にあるのはもちろんコールポートのアンティークたち!!!

museum4 museum5 museum6 museum7 museum8

本当に美しいお品ばかりで、すべて見終わるのにすごく時間がかかってしまいました(>_<)

 

色、デザイン、形、どれを取っても素敵ですよね〜✨

全部おうちに飾れたらどんなにいいだろう・・・と(^^)💓

 

美術館にはオーディオガイドもあります。英語力に自信のある方は、ぜひ試してみては☝️

美術館は大人一人、9.75ポンド(約1500円)です。

 

先ほども言いましたが、コールポート周辺は、

産業革命時の歴史的な場所として知られているため、

この他にも色々と美術館や博物館があります(*^^*)

 

個人的には、コールポートの隣町、

ジャックフィールドにある「タイル美術館」に興味が惹かれました♪

 

今は立ち入り禁止なんですが、美術館のすぐ横に、昔の炭鉱トンネルが残ってます☝️

昔は中に入れたようですが、今は危険なため、入り口だけ覗くことができます(^^)

 

ちなみに、中はこんな風になっているみたいですよ👀✨

TAR_TUNNEL_AGAIN

かなり雰囲気ありますね✨

中は急なところもあるみたいですが、ちょっと入ってみたかったです💓

 

さて、今回はこんな感じでしょうか(^^)♩

コールポートに来てみると、結構自然が多いし、

こういうところで産業革命が始まったなんて、すごく不思議な感じがします✨

ボーンチャイナの名窯の生まれたところ、というとしっくりくるんですけどね♩

 

では、コールポートの旅の締めくくりに、

私のお気に入りのコールポートのお品をいくつかご紹介したいと思います♫

batwing2batwing3

こちらは、いわゆるバットウィングと呼ばれているタイプのカップで、

日本でもすごく人気がありますね(*^^*)

取っ手の形が印象的で、コウモリみたいなのでバットウィングです☝️✨

 

こちらは、少しクリーミーなグリーンと可愛らしい花が爽やかです。

カップの底にも装飾が施されているのがニクいですね。

 

 

 

plate2 plate1

あとは、こちらのようなキャビネットプレート(飾り皿)もとても素敵です💓

豪華な金の縁取りに、緻密な模様、そして淡く優しい色合いの風景画が見事に調和しています👀✨

 

一つあるとゴージャスな雰囲気になること間違いなし👌‼️

風景に山が描かれているのも、どことなく日本人の心をくすぐる気がしますね♩

 

 

 

plate3

こちらもとても素敵なキャビネットプレートです(*^^*)

体を寄せ合う小鳥たちが描かれています。うーん、ルリビタキかな?

 

木の枝に生えた若葉と小さな花が春を感じさせますね🌸✨

周りの模様も、花や植物をモチーフにしていて、豪華だけど可憐な印象のあるお品です✨

6角形の形もユニークですよね♫

 

 

 

vase2 vase3

アンティークの陶磁器に中には、ドーンと存在感のある花瓶なども多くあって、

それはそれで豪華で素敵なのですが、なかなか置くスペースがないとか、

ちょっと手を出しにくい・・・という方もいらっしゃるかもしれません(^^)♩

 

個人的にいいな、と思っているのがこのような小さな花瓶というか壺です☝️✨

こちらは、ポプリなどを入れるのにぴったりのサイズの壺です。

高さが17cmくらいなので、飾る場所にも困りませんね!

こんな壺にポプリを入れたらかなり素敵だと思いませんか👀❓💕

 

 

いかがでしたか〜(^^)❓✨

アンティークの陶磁器を集めるだけではなくて、実際に作られていた場所に行ってみると、

また全然感じ方が違いましたし、ますますコールポートが好きになりました💓

 

イギリスなので日本からはちょっと遠いですが、

興味がある方には是非、オススメです👌✨

 

 

【コールポート,COALPORT専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 

「今年こそ、コールポートを購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜う〜ん?

イメージと違かったらどうしよう〜

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです👀

 

私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります

 

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい

 

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント