ミントンの歴史と優れた陶磁器職人たち


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

 

ミントン(Minton)専門通販取扱店

ミントンショップ店長の加寿美です(*^^*)

 

今日はミントン社の歴史をたどりながら、

ストーク出身の陶磁器職人たちについてご紹介させていただきます♪

 

トーマス・ミントン(1765-1836)とは

90172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーマス・ミントンは1793年にストーク(イングランド中部にある町)に

移った後、1796年に新しい窯を開きました☝️✨

この窯が、スポード社の一番のライバルになります(*^^*)

 

彼のおかげでミントン社は有名になっていきます✨

白地に青く染めたマジョリカ焼き、ボーンチャイナ、パリアン磁器など、

芸術性の高い磁器を生みだす彼の窯はヴィクトリア時代には際立った存在でした👀💓

Maj4

ミントンのマジョリカ 白鳥の花瓶

$_57

ミントンのボーンチャイナ デザートプレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

$_12-1

ミントンのパリアン磁器 ドロシア置物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ミントンを代表する「ウィローパターン」も

彼の手によりどんどん人気を博していきます(^^)✨

800px-Blueandwhite2

ミントン ウィローパターン

800px-Willow_Pattern

1917年に描かれたウィローパターンのイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀には、ミントン社は大使や国家元首らのために

オーダーメイドされる食器類の一番の発注先にまでに成長していきます👀💓

 

現在もウォーターフォードやウェッジウッドと並び、

ロイヤルドルトンのグループの一部として名を馳せています☝️✨

 

ミントン社の最初の作品は藍を染め付けた陶器でした(*^^*)

1798年にはボーンチャイナ(骨灰を主成分とした磁器)を導入し成功をおさめます♩

 

トーマスが亡くなり息子のハーバートがビジネスを継ぐ1836年までは、

ミントン社の主製品と言えば、

陶器やボーンチャイナに装飾を施した実用性はあるけど、どちらかといえば地味な食器だったんです💦

 

ですがその後👀!

当時の定番だった形に豪華な模様を施すといったスタイルの時代がやってきます☝️✨

 

1820年ごろからは人形や装飾用の磁器を多く生産するようになります(^^)

1820年代にはボーンチャイナの生産にも乗り出します💓

初期のミントンはフランスのセーブル焼きとよく比較され、また、大いに影響を受けました☝️

 

ミントン社は19世紀ではイギリスで唯一、

パテ・シュール・パテと呼ばれるセーブル焼の過程を取り入れた磁器窯でした💓

 

パテ・シュール・パテとは

138442539_c2b55d51eb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釉薬をかける前にエナメルでなく白い粘土を重ね塗りする装飾技術のことです(*^^*)

ミントンはパリアン磁器の人形も作っていたんですよ〜♩

 

 

ハーバート・ミントン(1793-1858)とは

MS2606

 

ハーバート・ミントン(1793-1858)は社長として父の跡を継ぎました☝️✨

会社の発展と名声を何よりも優先した彼は、多くの芸術家や熟練職人たちを集めました👀💕

 

19世紀の著名な企業家としても知られるハーバートは、

新しい技法や生産メソッドを取り入れ、企業経営の面からも

芸術性の面からもミントンの名声を確立させました(*^^*)

 

オーガスタス・ウェルビー・ノースモア・ピュージンやヘンリー・コール卿、

アルバート公らは頼もしい協力者で、ミントンは彼らのデザインも取り扱っています♩

 

また、画家で彫刻家のアルフレッド・スティーブンズ、

フランスの彫刻家Hugues Protât と Émile Jeannest、

画家のジョン・シンプソンもミントンに雇われていたんですよ👀✨

 

 

ミントンタイルの秘密

 

1845年、ハーバート・ミントンはマイケル・デイントリー・ホリンズと提携し、

「ミントン・ホリンズ&Co」という社名でタイル製作のサイドビジネスを始めました🏢✨

minton_hollins

1869年にミントンホリンズタイル会社のために建てられた

 

 

 

 

 

 

 

 

異なる色の粘土を表面に焼きこんだハーバートのタイル製作は成功し、

1840年代には世界中の施設や教会、さらには家の内装用に注文を受けるほどのトップ企業にのし上がります👀!

 

ハーバートは転写や装飾タイルを製作する技術を開発した第一人者となります💓

そしてその後、ミントン社はさまざまなスタイルのタイルを生みだします(^^)

 

そのデザインの多くはクリストファー・ドレッサーやウォルター・クレイン、

ジョン・モア・スミス、ウィリアム・ワイズなどの一流芸術家たちによるものでした👀✨

レリーフ(浮き彫り)のタイルがミントンに導入されたのは1860年からのことです☝️

 

minton2

ミントン・ホリンズのタイル工場

 

 

 

 

 

 

 

 

英国の登録建築物GradeⅡに認定されていて(歴史ある建造物の証拠です👌)

現在は正面のみが残され、オフィスとして活用されています(^^)💕

 

パリアン磁器をもっと知ろう

f7e6a2eb8d83186b1026b742f131b71e

1876年 ジョン・ベルによって製作 「寓意ウナとライオン」

2e0a64994077d4f1042b95a655284ee5

1859年 ジョン・ベルによって製作 「ドロテア」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミントンは最も美しいといわれるパリアン磁器を産みだしました(*^^*)

釉薬をかけない、大理石のような陶磁器が1840年代に開発され、

彫像製作に採用することで成功を収めました☝️✨

 

ジョン・ベルやアメリカ人のハイラム・パワーズ、そして

アルベール・キャリエール・ベリューズらがミントンで彫像を製作しました♩

 

過去、現代の彫刻家たちによる、

実像よりも小さいけれど以前よりも大きな作品がパリアン磁器で製作されました👀💓

 

時によって釉薬をかけ、

さらに装飾を施したボーンチャイナを組み合わせて作られることもあったんですって✨

 

レオン・アルヌーとは

MSS_3196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスの陶芸家、レオン・アルヌーは1849年、

ミントンのアート・ディレクターに就任し、1892年まで続けました(*^^*)

 

彼の業績といえば、模様を表面にはめ込んだ陶磁器や

リモージュ磁器のスタイルで装飾された作品、色鮮やかなマジョリカ焼きなど、

ルネサンスの影響を受けた陶磁器の開発でした☝️✨

 

1851年の万国博覧会で初めて展示され、庭園の装飾品といった大きなものから

普段使いの皿や食器などの精巧な装飾部分など、幅広く使われるようになりました👀!

 

アルヌーのおかげで他のフランスの芸術家たちもミントンへとやってきたんですよ💓

例えば彫刻家のキャリエール・ベリューズや模型製作者で装飾家のマルク・ルイ・ソロン、

画家のアントワーヌ・ブルミエールなどがいます(^^)✨

 

マルク・ルイ・ソロンとは

Marc-Louis_Solon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソロンはセーブルでパテ=シュール=パテの技法を確立したのち、

それをミントンに導入しました☝️✨

 

彼の新しいプロセスとは、液体状のスリップ(水と粘土を混ぜたもの)を

何層にも重ねて浮き彫り状するという、大変な労力のいるものでした(*_*)💦

というのは、そのスリップの重ね塗りは一度ずつ乾かしながら行わなければならなかったのです・・・

 

この技術を使ってソロンと弟子たちは、

薄い布をまとった少女と宙を舞う天使のモチーフを花瓶や額縁につけました☝️✨

これは当時、他のどの窯も持ち合わせなかった技術でした👏

 

コリン・ミントン・キャンベルとは

MS2972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1858年のハーバートの死後、ミントン社や彼の甥にあたる

コリン・ミントン・キャンベルにより引き継がれました☝️✨

 

彼もハーバートと同じく大胆で革新的なリーダーでした(*^^*)

1860年代、ミントンではオリエンタル調の装飾が主となっていました♩

 

陶磁器やボーンチャイナ製のかなり独創的な作品でも、中国の七宝や日本のうるしに象牙、

イスラムの金属細工にトルコの陶器などを感じさせるものでした💓

 

1870年には、ミントンの芸術陶芸工房がロンドンのケンジントンに作られ、

画家のW.S.コールマンが指揮しました(^^)

 

これは、アマチュア・プロどちらの芸術家たちにも

ミントンの磁器やタイルに装飾をしてもらうためだったのです👀✨

 

人気も影響力も十分のミントンだったのですが、

工房は1875年に火災で焼けた後、再建されることはありませんでした(>_<)💦

 

ミントンの素晴らしい装飾製作は20世紀に入っても衰えることはありませんでした☝️✨

 

1902年からは、スリップを素焼きに模様づけするマジョリカ焼きの手法が、

アールヌーヴォーにおけるミントンの代表的な作品になります(*^^*)

 

お金がかかっても技術、芸術性を追い続けるミントンの力は、

ミントンの歴史の中でも経済的な柱となっているテーブルウェアの成功への敬意なのです☝️✨

 

 

【ミントン,Minton専門ショップ  博多マイセン】

安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

 

「今年こそ、アンティーク食器を購入したい!

でもなあぁ💦、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし💦〜う〜ん💦?

イメージと違かったらどうしよう〜(*_*)」

 

こんな不安って皆さんにもあると思うんです☝️

 

私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ・・・

 

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

 

貴方のそんな気持ちとっても分かります👀💓

 

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい!!!

 

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます♩

 

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA