イギリスアンティークとフランスアンティークが好きなあなたへ


本日もご覧いただきありがとう御座います♫♫

マイセン(meissen)通販取扱店

マイセンショップ店長の加寿美です(*^^*)

今日は、もっとフランスアンティークや、イギリスアンティークについて知っていただきたい!!!

ということで・・・

写真付きでわかりやすくご案内していきます♩

【ヨーロッパ磁器は東洋への憧れから始まりました】

今では日本でも大人気のフランスアンティークですが、
17世紀のヨーロッパでは、中国や日本の磁器への憧れはたいへん強いものだったようです(^^)
王侯貴族たちは磁器への憧れからか東洋の磁器を膨大な数になるほど、集めたんです。
現在でもベルリンのシャルロッテンブルク宮殿にその面影が残っています💓
schloss_charlottenburg_panorama
porzellankabinett

ヨーロッパの磁器の始まりはマイセンにより、1710年頃とされています。

それから、イギリスを除くヨーロッパ大陸の磁器工場は王制のもとに発展していきました♩
特に、小さな国が集まっていたドイツではそれぞれの国が競い合い、王立の磁器工場を運営していたそうです。
ザクセンのマイセンでは、アウグスト二世(ポーランドの国王1697‐1733年)の特命をうけた
錬金術師のベットガーが、試行錯誤の結果、ヨーロッパで初めての磁器の製作に成功し、
王のもと発展を遂げていきました(^^)

 

220px-August_II_the_Strong
imgres
左:アグウスト2世
右:錬金術師ベット・ガー

 

 

ケンドラーという彫刻家が製作した磁器の人形の数々や、

ヘロルトという絵付け師の創作したシノワズリのさまざまな図柄は、人々に好評で
マイセン窯は不動の地位に登りつめていきました。
220px-Meissen-Porcelain-Schale
220px-Meißener_Kumme_mit_Chinoiserie
左:ケンドラーとJ. F. Eberlein1737-1741によってモデル化キャンディーボウルとニンフ
右:ヘロルト-シノワズリー、1726年マイセンKumme。

19世紀には王侯貴族だけではなく、富裕な市民層に親しまれる、

ヨーロッパ随一の知名度と規模を誇る磁器メーカーへと発展していきました(*^^*)
こういった歴史をみてみると、フランスアンティーク、マイセンが人気なのが一層わかりますね♩

【フランスの磁器】

フランスではルイ王朝、特にポンパドール夫人の出資を受け、セーブル窯が発達していきました。

 

18世紀後半ではヨーロッパの磁器の製作の流行起源となり、常に活動を続け現在に至っています♩

 

銅板エナメルの技法の中でリモージュが知られ始め、個人資本の磁器工場がいくつか誕生しました。

 

その中でも有名なのが、アビランドリモージュ、プーヤットリモージュなどです(*^^*)

【民間からイギリスの磁器製作が始まりました】

ヨーロッパの国々とは違い、イギリス磁器の製作は個人資本の窯で始まり、
独自的な発展を遂げました。

 

18世紀後半、富裕な市民がこぞって、ウースター(のちのロイヤルウースター)や
ダービー(のちのロイヤルクラウンダービー)、ミントン、コールポート、コープランドなどの
民窯で続々と製作される色とりどりの個性豊かな磁器の虜になっていきました。

 

ロイヤルウースターはイギリス第一の名窯で、現在に至るまで高い品質と人気を保ち続けています(^^)

【マイセン,meissen専門ショップ  博多マイセン】
安心の交換・返品保証サービスを承ります♪

「今年こそ、アンティークシルバーを購入したい!

でもなあぁ、通販で商品を購入するのってちょっと

不安だし〜?

イメージと違かったらどうしよ〜

こんな不安って皆さんにもあると思うんです。
私はこんな不安がありながらも、でも通販って便利だし

辞められないんですよねぇ

私も初めてのネットショップで購入する時は

『ちゃんと届くのかなぁ』

と心配になります!

貴方のそんな気持ちとっても分かります

そんな貴方にも

安心して楽しくお買いものをしていただきたい

その想いから、当店では

安心の交換・返品保証サービスを

させていただきます

詳しくはこちらでご紹介しております(^^)↓↓↓


無料会員登録

初めて会員になられた方はショップで使える5000ポイントプレゼント